校舎ブログ

2011 体育祭

北方校|2011年9月28日

本日、北方校に通っている中学生で最後の体育祭を講師の子たちと応援に行きました。

そこの中学校は今年校長先生が変わったようで、だいぶ気合いが入っていると子どもたちが言っていました。

長年続いた「スポーツ大会」という名称も今年からは「体育祭」となったのもその影響かもしれませんね。
行ってみたら昨年との違いが入口から伝わってきました。手作りのプログラムに加え各団の熱いメッセージもありました。

生徒も先生方も一人ひとりが生き生きしていたようにも見えました。

たまたま近くにいた校長先生ともお話しすることができましたが、

本当に子どものことを思って良い体育祭を作りたいというとが伝わりました。

一番ビックリしたのは、学級対抗リレーで何と担任の先生も一緒に走っていたのです。

先生が走ることによって、今まで見たことの無い盛り上がりを見させていただきました。

校長先生曰く、「最初はみんな抵抗がありましたが、本当の意味での一体感を作りたかったので挑戦してみました。走ることが苦手な教師は、1/4周でも良いんですよね。それが各学級の戦略ともなるので。」

しかし、リレーはやっぱり良いですね~。みんなが一致団結していましたよ。

私も思わず身を乗り出して応援してしまいました

中3のアンカー争いは塾生からS君とK君が出ていました。2人ともこれがまた、メッチャ速かったです

その中で塾生のK君が逆転勝利を勝ち取りました。この後、彼は間違いなくヒーローとなったでしょう

(お立ち台に立ったK君です。カッコよかったですよ

 
今年もたくさんの学校の体育祭に足を運ばせていただきました。

それぞれ学校ごとに色はありましたが、共通して言えることはどこの学校でもみんな一生懸命やっていたということです。

今年も普段校舎で見ることの無い子どもたちの姿を見られてまた元気をもらうことが出来ました。ありがとう。