校舎ブログ

金環日食って知ってますか?

神戸校|2012年4月23日

みなさん、こんばんは!
ブログリレー第三弾ということで、宇野先生からバトンを受け継ぎ本日は間野が更新します。

新学期となり新しい環境での勉強に戸惑ってしまっている子もいますが、それでも頑張りきる子がたくさんいて、とてもうれしいです!!質問があれば遠慮なく持って来てくださいね

今日はタイトルの通り、金環日食について書いていきたいと思います。
少々授業っぽくなってしまいますが・・・(笑)
みなさんは一ヶ月後、5月21日朝の7:30頃に日本の広範囲で日食が観測できることを知っていますか?

そもそも日食というのは、月が太陽の前を横切るために、太陽が月によって隠される現象です。
そして、日食には皆既日食と金環日食というのがあります。
皆既日食は太陽がすっぽりと月によって隠れることであり、金環日食は太陽が月よりも大きく見えるために月の周りから太陽がはみ出して、金色の輪のように見える現象です。
今回は金環日食が観測できるんです!

日本では金環日食が見られたのはなんと25年前!しかもこれだけ日本の広範囲で観察できるのはなんとなんと約950年ぶりなんです!ものすごいことだと思いませんか?
みなさんにも観察してほしいと思います。

ただし観察には気をつけてください。太陽の光は大変強いので、黒色の下敷きやサングラスを通してでも目を痛めるので絶対やめてください。最近は日食観察用のゴーグルが売っています。ぜひそれを買って、晴れるのを祈りましょう!

なんとかバトンをつなぎきる事ができました(笑)

次は誰が書いてくれるのでしょうか?お楽しみに!

神戸校 間野