校舎ブログ

それは、東にある。

滋賀本部校|2012年6月9日

現在、HOMESの中で最も熱い校舎があると聞きつけて、先日行ってまいりました。

往復距離およそ800キロ。これを学院長が頻繁になさっていると考えると頭が上がりません。

さすがに疲れました。

しかし。行く価値は十二分にあったと言えます。

その熱い校舎は2つあります。

まず向かった先がここ。

   

   

上石神井校です。事前にうかがっていた通り、ハード面ではおそらく全校舎の中で最も劣るものかもしれません。

昨年の7月に開校しましたが、その前は10年間もずっと空きテナントだったそうです。

そんなハンデを抱えながらも、ここには人が集まっています。

なぜか。

感じるんです。感じたんです。

この日は講師も生徒もいませんでしたが(開けてくださってありがとうございます)、

普段は楽しそうに話している姿がそこかしこにイメージできました。

人が集まっているところには、そういうものがあるんですね。

林先生の必死さ、きめ細かさ、生徒や保護者への配慮等本当に勉強になりました。

ありがとうございます。

次に向かった先がここ。

  

  

下井草校です。上石神井から歩いて1時間もかかりません。駅の目の前にあります。

ここもHOMES単体の中ではおそらく最もせまく、しかも建物が斜めを向いているという、

上石神井校にも負けず劣らずのハンデを背負っています。

それでも小川先生1人ですでに活気がありました。勢いが違います。

ここでは生徒や講師にも会えました。

会った瞬間に「あ、ここの子たちは大事にされてるな」と感じました。

校舎長が1人1人を丁寧にもてなしているんです。

だからみんな小川先生が大好きなんです。

短い時間でしたが、ここからは愛情があふれていました。

2校舎とも開校してまだ1年も経っていませんが、最も熱い校舎というのは決して大げさではありません。

それは、確かに東にありました。

滋賀本部校 宝蔵