校舎ブログ

信じられる塾

滋賀本部校|2012年9月22日

今回は少し哲学的な要素が含まれております。

HOMESが発足して、もうすぐ5年。

今でこそ校舎数も社員数も増えて、かなり大きくなったと感じております。

先日、HOMESの沿革を眺めてつくづくそう思いました。

5年前は岐阜の駅前に小さい校舎が1つ、生徒も少なく、まるで無名な塾でした。

インターネットで検索しても全く引っかからず、ヒットするのは不動産関係ばかりでした。

素直にドメインを入れて見るしかなかったのです。

当時は、このようなブログも存在せず簡素なものでした。

それでも初めてここのホームページを見た時は感動しました。

やがて、やっと「ホームズ個別指導学院」と検索すれば出てくるようになりました。

色々と検索結果が並んでいる3番目ぐらいには確かにこうあったのです。

「信じられる塾 ホームズ個別指導学院」と。

私はこれを見た時に、ある使命感を覚えました。

ここまで「信じられる塾」というのを掲げてしまえば、本当にあらゆることにおいて信じられないといけない。

成績はもちろん、対応、雰囲気、スタッフの質。

これは相当頑張らないといけないなと。

少し話はそれますが、「信」という字の付く熟語には「信用」や「信頼」というものがあります。

信用と信頼。あまり意識はしませんでしたが、この2つ、それぞれに若干意味合いが違うそうです。

信用は過去やモノ。信頼は未来や気持ち。

もう少し詳しく言うと、信用は過去の実績や結果を重視し、信頼はこれからの行動や結果を重視するということだそうです。

ある時、ミスタージャイアンツこと長嶋氏がこんなことを言ったそうです。

「私は選手を信頼はするが、信用はしない」と。

要するに選手の実績などではなく、選手の将来に期待するということ。

さすが数々の逸話を残しているだけありますね。

やや信頼の方がきれいな感じがありますが、私個人としては

塾にはどちらも必要不可欠なものとして認識しています。

自分自身にブレが生じた時、いつもこの「信じられる塾」というのを思い出すようにしています。

滋賀本部校 宝蔵