校舎ブログ

私事ですが

上石神井校|2012年9月20日

こんにちは。上石神井校、校舎長の林です。

実は先週の土曜日に、結婚をいたしました。

披露宴には、はるばる岐阜から、成瀬会長、川瀬社長をはじめ、社員の方々にご出席いただきました。ありがとうございます。

そして2次会には、東京の講師のみんなも多く出席してくれました。みんな!ありがとう!

写真は・・・2次会の様子をちょっとだけ。

    

そして!

会の最後に、講師一同からサプライズプレゼントをいただいてしまいました!!

フォトフレーム!!

なんと中には、素敵なビデオレターが入っていましたヽ(^。^)ノ

いつの間に・・・と、言いたいところですが、生徒の一人がボソッと口を滑らせていたので、実は知ってました(笑)

でも・・・ビデオレターは予想以上のインパクトです。

なんか、こう、あれだね。ずるいね。

事前に知ってなければ嬉しくて泣いちゃってたかも・・・あぶないあぶない。

ちなみに・・・

フォトフレームは校舎に飾ってありますので、閲覧自由!

そして、さらにこんな「ステキブック」までいただきました。

生徒からの祝福の言葉まで・・・。これは全然気づかんかった・・・(゜o゜)

ほんと、「いつのまに」です。

びっくりしたなあ。

みんな、ありがとう。

むちゃくちゃうれしかったよ(*^_^*)
ちょっと話はそれますが・・・

小さい頃は、結婚って、なんていうか、あたりまえのことだと思ってた。

でも、大人になってみたら、それは当たり前のことでは、なかった。

「ありふれている」けど、だからそれの価値は小さいというものではないし、「当たり前」のことでもなかった。

例えばこれから、子どもができたりするんだろうけれど。

それはありふれたことなんだろうけれど。

でもきっと、大・大・大事件になるんだと思う。

一つ一つの、あたりまえに思っていたことは、実は大・大イベントだってこと。

自分が結婚してみて、やっとわかりました。

若い頃。生きるのが結構つらかった時期。

「この1年1年がしんどい人生を、30年も40年も生きるなんて、大人って、みんな、すげえなあ」

と思ってた。

今は

「この、一つ一つがとんでもなく大きいイベントを、全部こなした親父たちは、ほんとすげえなあ」

と思ってます。

子どもの頃ってさ。

親にも歴史があるってこと、結構気づかなくて、

親の人生も現在進行形ってこと、結構気づかない、よね。

でも、親の「積み重ね」があったから、今の自分があるんだってこと、生徒のみんなには、少し考えてみて欲しいなあ。

なんて思ったりしました。

あいかわらず話がそれまくりの内容になりましたが・・・

要するに・・・

結婚しました!これから一層がんばります!みなさんよろしく!!

上石神井校 校舎長  林克洋