校舎ブログ

ともだち

上石神井校|2012年10月26日

Normal
0

0
2

false
false
false

EN-US
JA
X-NONE

/* Style Definitions */
table.MsoNormalTable
{mso-style-name:標準の表;
mso-tstyle-rowband-size:0;
mso-tstyle-colband-size:0;
mso-style-noshow:yes;
mso-style-priority:99;
mso-style-parent:””;
mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt;
mso-para-margin:0mm;
mso-para-margin-bottom:.0001pt;
mso-pagination:widow-orphan;
font-size:10.5pt;
mso-bidi-font-size:11.0pt;
font-family:”Century”,”serif”;
mso-ascii-font-family:Century;
mso-ascii-theme-font:minor-latin;
mso-hansi-font-family:Century;
mso-hansi-theme-font:minor-latin;
mso-font-kerning:1.0pt;}

こんばんは。最近寒くなってきましたね。

今日はこんなものを持参する子まで…

My 箱ティッシュ!!そうですか〜もう箱ティッシュな季節になりましたか〜
風邪が地味に流行っているようですので、みなさん気を付けて下さいね(>_<)

名和さんのお話しに引き続き…今日のお題は「友達」について!
友達とひとことで言っても、いろんな友達がいますよね。私は、友達の中でもライバル的要素のある友達というのは、必要不可欠な存在だと思っています。(私が負けず嫌いだからでしょうか

例えば、部活の仲間なんてまさにそう。中学高校時代、陸上部だった私の昔のお話しを少し。
駅伝のレギュラー枠は5人。誰もがメンバーに選ばれたい、1番になりたいと思うからこそ、ぎくしゃくもします。練習中ピリピリしていて、一言も話さないなんてこともありました。そうそう、女同士の戦いってやつです。あ〜こわいこわい(あ、ふだんは仲良かったですよ
でも、そういうライバルがいるからこそ、手を抜かず毎日全力で練習するわけです。一人ではなかなか強くなれないものなんです。

勉強でもそう。志望校が同じ友達は、受験においてはライバルになります。だからといってその友達がいなかったら、自分の合格可能性が高まるっていうものでもないと思います。自分が相手より劣っていると感じる瞬間は本当に苦しいけれど、だからこそがむしゃらに頑張れるんだと思います。

そして、そんなふうにしのぎを削って高め合った友達は、一生続く友達になれます。

先日川瀬学院長が上石神井校にお越しになられたときに、こんなことを話しておられました。
「親友の条件…それは一緒に苦労をしているかどうか。」

なるほど。学院長の言葉は、いつも納得します。
言われた瞬間に理解できなくて納得しないこともありますが(あ、すみません)、あとになって、必ず、絶対、100%の確率で納得します。

ところで、なぜ友達について書いたかと言いますと、昨日、志門塾時代の同期と会ったからです。
同期というのは、よき友達であり、よきライバルです。同期の頑張りはとても刺激になります。

また東京に来る際は、上石神井校の校舎にも是非来てね

そして上石神井校では、今日も切磋琢磨し頑張る少年たちが!!

ふぁいとーーーー

上石神井校 講師 田中祐子