校舎ブログ

名和さんのお話 その?

上石神井校|2013年4月22日

こんにちは、名和です!
最近4月とは思えない寒い日が続いていますね(><)
体の強さに自信のある私が風邪をひいてしまったくらいです。笑
みなさんは風邪をひかないように気を付けてくださいね!
風邪をひくとどのご飯も変な味がして美味しくないのが一番つらいです…涙

さてさて。今回のブログのテーマは 「家族がいてくれることの幸せ」 です。
風邪をひいて家で休んでいる時、思ったことについて書きたいと思います。

大学に入って初めてここまでひどく体調を崩しました(笑)
鼻水、喉の痛み、耳鳴り、お腹の気持ち悪さ…耐え難いです。
でも風邪を引いたと言っても、薬を飲むこと以外何もできないので家で大人しく寝ていました。
そんな時、私が実家で熱を出したときのことを思い出しました。
朝、熱があるといつもおばあちゃんが仕事に行く父母の代わりに病院へ連れて行ってくれました。
午後二時ごろ、母が仕事から帰ると、二階のお母さんの部屋で冷えピタを張りながら寝ている私の所へ来て、「大丈夫?」と聞いてくれました。夕方になって熱が下がってくると、一階に下りてリビングに布団を敷き、弟たちと一緒に私の大好きなアニメを観ました。風邪をひいたときはみんなが私にいつもより優しいので嬉しかったです。いつも一緒にいるのが当たり前で、近すぎる関係だからこそ気付きにくくはありますが、家族のみんなは私のことを本当に大切にしてくれていたんですよね。
そんな思い出。それでなんだかちょっと寂しくなりもしましたが、それよりも強く、家族っていいなぁという気持ちが心に浮かびました。
東京の一人暮らしは確かに自由でいいものですが、やっぱり家族の居る岐阜が一番大好きです。
正直、大学が岐阜にあればいいのになー!と大学1年生の時は週7ペース(ほぼ毎日(笑))で思っていました。
こんなことを言うと、一人暮らしのお金を出してもらっている両親に申し訳ないので言えませんが(笑)

みなさんも同じですよ。家族がいる幸せ、どうか様々な機会で気付いて感謝してみて下さい。
その感謝の気持ちに気付くことが親孝行、家族孝行の第一歩だと思います。
そしてその感謝の気持ちを持つことで、自分がどれだけ幸せな環境に居るのかを実感してくださいね。


↑ こんな風にみんなでおいしくご飯が食べられる時が、東京での幸せです^^♪

上石神井講師 名和 愛乃