校舎ブログ

オープンキャンパス

島校|2014年7月31日

こんにちは。初の校舎ブログ更新になります、HOMES講師の市橋です。

今日の高1の子の授業の終わりに、オープンキャンパスの話になりました。

オープンキャンパスとは、各大学が一般向けに大学を開放し、その大学のことを主に受験することになる学生たちに知ってもらうというイベントです。

 

私も去年、高校3年生の受験生としていくつかの大学を訪れました。オープンキャンパスにいつ行くか、悩む学生も多いと思います。

私がおすすめするのは高校2年生の夏です。

おそらくどの高校でも2年生には文理選択を終え、ある程度進路に対して考えが深まっていることでしょう。

そこで受験に対してのモチベーション維持や、自分の志望している大学のことをちゃんと知るためにこの時期にオープンキャンパスに行く価値は十分あります。

もちろん他の学年(高校1年生や3年生)でオープンキャンパスに行くのもいいと思いますが、3年生まで引き伸ばしてしまうと受験への道筋をはっきりさせるのが遅くなってしまうのと、大学の模試とオープンキャンパスとの日程が被ってしまい、どちらかを泣く泣くあきらめることになってしまう可能性があります。

私も去年模試ととある大学のオープンキャンパスが被ってしまい片方をあきらめることになりました。

高校1年生に関しては、この夏休みにこれから先にある夏休みに向けて生活リズムを確定させ、勉強の習慣をつけることを第一に考えても良いのではないかと私は思います。ただ、大学のイメージがまったく湧いていない子は地元大学でもよいので、行ってみるのも良いと思います。

 

大学の情報をたくさん手に入れることのできるオープンキャンパスは学生にとって大切なイベントです。この機会に自分がいつオープンキャンパスに行くのがいいのか、検討してみるのはいかがでしょうか。

それでは今回はここら辺で。今年はとても暑いので、ぜひともお体にはお気をつけ下さい。

市橋