校舎ブログ

勘違い。

大垣本部校|2014年9月16日

「しおらしい」

①優美である。

②控えめでつつしみがあり、感心である。柔順で可憐である。

③かわいらしい。

(広辞苑より)

 

つい最近、この言葉の意味をちゃんと調べてみる機会がありました。

「しおらしい」というと、しゅん…としているような、打たれ弱いような女の子のイメージがあったのですが、②に近いような気はするものの、私のイメージにしっくり合うような意味はありませんでした。

 

「健気(けなげ)」

①勇ましいさま。勇健。

②しっかりして強いさま。すこやかなさま。健康。

③殊勝。

④(子どもなど弱い者が)けんめいに努めるさま。

(広辞苑より)

 

この言葉も 弱い者が頑張るようなイメージが強く、恥ずかしながら、「勇ましい」「強い」という意味をちゃんと持っているとは知りませんでした。

使い方も受け取り方も私の中では④の意味でしかなくて、他の意味が上に出てくることに驚いてしまったくらいです。

 

日本に生まれてから感覚で学んできただけの日本語は、文学的にいうと正確だとは限らないのでしょう。

そもそも私は、大半の日本語を「学び」はしていないのだと思いました。

感覚で身についたことは、それらがちゃんと正確なのかはわかりません。

言葉の意味も感情も、感覚的にわかっただけで納得してしまえば、上手く人に伝えられないことが多いように感じます。

今打っているこれもだんだんわけがわからなくなってきていて(笑)、真意を伝えることが難しいです。

そう思ったとき、言葉のバリエーションを増やすことをわざわざ勉強だとは思いませんが、こういうのも勉強する理由のひとつではないかと思いました。

 

 

 

あと最後に、言葉に絡んでもうひとつ。

「立橋」って言葉がありますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありますよね?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はないんです(笑)

 

「陸橋」と「立教」ならあるんですけど、ごちゃまぜにしている人、意外と多くありませんか?

昨年度まで、私もその1人でした///

 

以上!

 

 

それではみなさん!高校生も中学生も、テスト期間頑張ってくださいね!!

 

大垣本部校 岡安