校舎ブログ

良い天気、悪い天気

彦根駅前校|2015年4月13日

今日の彦根は雨でした。

校舎の窓から外を見ると、こんな感じです。

遠くの山もぼんやりとしか見えません。

2015-04-13 15.02.09

 

それでも校舎の中には桜が満開です!ほら!

2015-04-13 16.57.31

今年もたくさんの先輩たちが合格していきました。

来年はみんなの番ですよ!

 

 

 

ところで、こういう天気の時に、世間では

「今日は天気が悪い」なんて言います。

 

中学の理科でも、気象のところで

「低気圧が発生すると天気が悪くなる」

なんていうのが模範解答だったりします。

 

 

 

でもね、「雨=悪い」と誰が決めたんですか?

確かに雨が降っている時に外出するとなると、

大変なことも多いので「雨=悪い」としたくなります。

 

一方で、農地の水不足に悩んでる時とか、

家で集中して勉強や読書をしたい時とか、

部活の屋外練習が嫌だけどサボれない時とか、

そういう場合には雨が降ると良いですよね。

この場合は「雨=良い」になります。

 

 

何が言いたいのかというと、

世の中で起きていること自体に

もともと良い悪いは無いんです。

 

僕たちがそれをどう解釈して、

どんな意味を持たせるか。

これで「良い」「悪い」が決まるんです。

 

 

たとえば、大事なテスト前に予想問題を解いて、

結果がボロボロだったとしましょう。

 

ここで「うわ、ヒドい点数だな。これじゃあ

今からやっても仕方ない。諦めよう」

と考えたら、テスト本番も当然ダメですよね。

 

その一方で、「本番じゃなくて良かった。

それにこれだけ弱点がわかったから、

間違ったところを復習すればいいんだし、

時間の節約になってラッキー!」

と考えたら、間違いなく良い結果が出ますね。

 

この考え方の違いが積み重なると、

成績も変わってくると思いませんか?

 

 

 

これからみんなの人生にはいろんな出来事が起こります。

 

その時に何を考え、どう行動したのか。

これがみんなの人生を決めていきます。

 

せっかく生まれてきたのですから、

何かが起きたら、そこからどうやって

自分にプラスの事を引きだせるか。

それを基準にものごとを考えてみましょう。

 

みんなの人生には良いことだけが

起きるようになっていきますよ。

 

彦根駅前校 川口