校舎ブログ

判定は今が一番厳しい

彦根駅前校|2015年6月10日

今日の彦根は暑かったですね。

気温も30℃を超してました。

沖縄では梅雨明けしたそうですし、

いよいよ夏がやってきますね。

 

夏といえば夏期講習!

もうすぐみんなにも詳しい内容を

お知らせしますよ。お楽しみに!

 

 

今日は米原高校で模試があって、

3年生の男の子たちが自己採点を

していました。

 

高3のみんなには話したけれど、

この時期の高3の模試は、判定が

大変厳しく出ます。偏差値も

これまでよりかなり悪くなります。

 

僕の感覚では偏差値が

5くらいは下がるかなぁ、

というところです。

 

 

なぜ下がるのかというと、

主な理由が二つあります。

 

一つは、高体連の時期で

部活の練習が長く、

現役生は勉強時間が

取りにくかったから。

 

そしてもう一つは、今回から

浪人生とか中高一貫の

進学校の生徒が大勢

参加してくるからです。

 

 

特に浪人生は、現役生よりも

1年以上長く勉強しているので

今現在の瞬間的学力が高く、

この時期の模試判定はどうしても

現役生が不利になります。

 

でも、大丈夫です。

 

浪人生を恐れることはありません。

僕も世間的には浪人と呼ばれる

時期を過ごしたのでわかりますが、

浪人生って意外と学力が

伸びないんですよ。

 

それはなぜか。

 

人間の記憶は1年間で7割が

失われると言われています。

浪人生はその消えていく記憶を

キープするのがかなり負担なのです。

 

それに、やや過激な表現ですけど、

浪人生というのは、言ってみれば

「現役合格できなかった人たち」

ですからね。

 

無論、油断してはいけませんが

必要以上に恐れることはありません。

 

今年の冬までにはちゃんと

追いつけますから、焦らずに

自分の勉強を続けましょう。

 

コツコツ勉強を続けていけば、

入試当日には十分勝てるくらい

みんなが成長しています。

 

手前の練習試合に

何回負けたとしたって、

本番の一発勝負に

勝利すればいいんです。

 

その日が来るまでは、

一緒に頑張りましょう。

 

彦根駅前校 川口