校舎ブログ

塞翁が馬

彦根駅前校|2015年8月20日

はい、またわけのわかんない

タイトルをつけておりますが、

これは「さいおうがうま」と読みます。

 

中国の故事成語で、

「一見すると不幸な出来事が、後の

幸福につながったり、その逆もあるので、

人間の幸せや不幸せは予測できない」

という意味になります。

 

 

今日の午前中のことです。

朝からやっていた、難関大の

英作文の添削指導が終わり、

僕はテンション高く飲み物や

食べ物を調達しに出かけました。

 

ところがいつも買いに行く

お店が休業していたのです。

 

何も買わずに戻ることになり

ちょいとガッカリしながら

トボトボと歩いていると、

たまたま向こうから歩いてきた

日焼けした男子が、

「あ、先生!お久しぶりですっ!」と

声をかけてきました。

 

「はて?」と思ってよく見ると、

なんと中学3年生の時に

個別指導で担当していて、

彦根東高校に進学した子でした。

 

中学生の頃から身長が伸びて、

見違えるくらいたくましい

高校生になっていました。

 

そんな彼が、

「聞きたいんですけど、先生のところに、

自習室だけのコース、ありますか?」と

質問してきたので、そのまま一緒に

彦根駅前校まで戻り、STEADYの

ブースを見学してもらい、

資料も渡しておきました。

 

その後も話をしながら、

彼と一緒に彦根東に進学した

他の教え子たちが今も

頑張っているよ、という話も

聞けたので、僕としては

お店が休業していた不幸も

結果的に幸せな出来事に

変わった、というお話でした。

 

まさに「塞翁が馬」

というやつですね。

 

それでは

 

彦根駅前校 川口