校舎ブログ

英語ができると◎◎になれる!

彦根駅前校|2015年9月2日

さて、9月になり、まだ正式には

授業は始まってませんが、

自習室にじゃんじゃん勉強しに

来てくれています。こういうときに

頑張れる人こそ、成績がぐんぐん

上がっていくと思いますよ。

 

ある中学生の女の子は、

「今度の英検がんばるんや」と、

過去問に一生懸命

取り組んでいました。

 

やっぱり英語ができると

入試とか就職とか、いろんな

場面で有利になりますからね。

 

 

 

日本には、英語ができたおかげで

最高の地位まで上り詰めた

人だっているんですよ。

 

ちょうど今日が誕生日の、

日本の初代総理大臣、

伊藤博文さんがそうなんです。

 

明治維新以来、新しい日本を

作っていたのですが、いよいよ

本格的な内閣制度を始めようと

するときに、初代の総理大臣を

誰にするのかで明治政府の

人たちはずいぶんもめたそうです。

 

伊藤博文さんのライバルだったのが

藤原道長の子孫で、バリバリの貴族。

山口県の片田舎の足軽出身の

伊藤博文にはどうひっくり返っても

家柄で勝てる相手ではありません。

 

そんな状況で、伊藤の友人である

井上馨(いのうえかおる)が、

「これからの総理大臣は

外国語ができないとダメだ」

と言いました。

 

明治になって外国とさかんに

交流するようになっていましたから、

総理大臣が外国語ができると

何かと便利です。

 

会議に出席していた他のメンバーも

「確かにそうだね」とうなずき、イギリスに

留学した経験があり、英語のできる

伊藤博文さんが初代総理大臣に

決まったのだそうです。

 

ということで英語ができれば

みんなも総理大臣になれるっ!

・・・・・かもしれないので頑張ろうね!

 

彦根駅前校 川口