校舎ブログ

反省の仕方ひとつで・・・・

彦根駅前校|2015年10月13日

各高校の定期テストが終わって、

週明けとなった今日からじわじわと

テストが返却されています。

 

テストが返ってくると、今回出された

問題をやり直したり、全体の反省をしよう

という話になってきます。

 

この中で、反省するときが重要です。

僕たちは「反省する」というと、

ついつい「◎◎が悪かった」とか

「▽▽ができなかった」とかいう、

後ろ向きな話になりがちです。

 

それはそれで大事なことなのですが、

僕は「もったいないなぁ」と思います。

 

だって、その先に「だから次は◆◆しよう!」

「だからここをこう変えてみよう!」

という「次はどうする?」が無いからです。

 

例えば、「単語を覚えきれなかった」

という反省があるんだったら、

「一週間前からテスト勉強をしたけど、

ちょっと間に合わなかったから、

次は十日前から始めてみよう」とか、

「テスト前まで放置すると忘れちゃうから、

普段の勉強で習ったところを、その日のうちに

毎回覚えていくようにしてみよう」

ということも考えてみるのです。

 

それをやらずにいると、

「勉強しなあかんとは思うけど、

何をやったらいいのかわからへん」

という、残念な人になっちゃいます。

 

こういう人、意外と多いんですよ。

 

だから「次に何をすれば今より良くなるか」を

考えてみるだけで、かなり多くのライバルを

引き離せるようになります。

 

頑張って受けたテストですから、

利用できるところはとことん活用しましょう。

反省もその一つですよ。

 

彦根駅前校 川口