校舎ブログ

月が綺麗ですね

彦根駅前校|2015年10月28日

今日は授業が終わった後、

みんなを送り出しにいったら、

晴れた夜空にきれいな月が浮かんでました。

 

「月が綺麗ですね」と言えば、明治の文豪

夏目漱石のエピソードが有名です。

 

夏目漱石が英語の教師をしていたときに、

英語の”I love you.”を「我君を愛す」と訳した

生徒に対して、「日本人はそういうことは言わない。

『月が綺麗ですね』とでもしておきなさい」と言ったとか。

 

これに対する返事としては、

同じく文豪の二葉亭四迷が

手がけた翻訳に出てくる、

「死んでもいいわ」が有名です。

 

ところで、ふと思ったのですが、

断るときってどう言えばいいんですかね?

 

「月『は』綺麗ですね」なんてあたりが、

いいかもしれません。

 

あとは「うん、そうだねぇ」とか

普通に月の話題にしちゃうとか。

 

心を決めて告白した相手には

ショックでしょうけれど。

 

彦根駅前校 川口