校舎ブログ

すぐそばにあふれる「超自然現象」

彦根駅前校|2015年12月23日

さて、冬期講習絶賛開催中の

彦根駅前校ですが、今日の

授業中に言葉の話になりまして。

 

英語のとある表現について

教えていた時に、

「これは僕が学校で教わった時と比べて、

今みんなが教わっている内容が

ちょっと変わってきているんだよ。

言葉って時代によって

変化するものなんだ。」

 

なーんてことを話していたのです。

僕だってこうした真面目な話を

する時が、よく・・・・いや、たまには、

まあ、ないことはないのです。

 

さて、そんな話をする中で、

「そういや日本語も変わってきてるよね」

という話になりまして。

 

ここ二十年くらいのうちに、「とっても」という意味で

「超」を頭につけるようになってきたけど、

「超自然現象」って言葉はそのうちに

「とっても自然な現象」ってことに

なってしまうんだろうか?といった疑問が

出てきて話に花が咲いておりました。

 

そういう意味で考えると、

今日降っている雨も

「超自然現象」ですね。

 

ぼくらのまわりは

「超自然現象」だらけ、

ということになります。

 

なんだかおもしろいですね。

 

彦根駅前校 川口