校舎ブログ

ハツクニシラススメラミコト

彦根駅前校|2016年2月11日

なんだか呪文のようなタイトルですが、

今日は日本史のお話です。

 

今日は建国記念の日ですね。

祝日でしたので、午前中から

たくさん勉強しに来てくれました。

 

さて、建国記念の日がなんでまた

2月の11日なのかというと、

初代天皇の神武天皇が

即位した日を、太陽暦に

換算すると2月11日になったから、

ということだそうです。

 

ところで、歴代の天皇さんには

「◆◆天皇」という、教科書に

載っているような呼び名とは別の、

違った呼び名があるのです。

 

 

初代の神武天皇には

「ハツクニシラススメラミコト」

という名前があります。これは

「ハツ:初めて」

「クニ:国を」

「シラス:統治した」

「スメラミコト:天皇」、すなわち

「初めて国を治めた天皇」という

意味なのですが、実はここに、

日本史上大きなナゾとなっている

ことがあるんです。

 

それはなにかというと、

十代目の崇神天皇の呼び名も

神武天皇と全く同じ、

「ハツクニシラススメラミコト」

なのです。

 

これが他の呼び名だったら、

「同じような感じの天皇だったから

同じ呼び名にしたんじゃないか?」と

考えられなくもないのですが、何しろ

「初めて国を治めた天皇」という

意味ですからね。

 

そんな名前が二つあるとなると、

これはもう、一つのミステリーです。

 

昔からこの問題については、

諸説あって定かではありませんが、

こういうことをあれこれ考えてみるのも

歴史の楽しみ方の一つですね。

 

彦根駅前校 川口