校舎ブログ

映画の話

彦根駅前校|2016年7月28日

今日は高校1年生の

英語の授業をしていたのですが、

その時にとある例文から映画の話になりました。

 

受験生はちょっと時間が無いと思いますが、

そうでない人は良い機会ですから

映画を見るのもいいと思います。

 

今日の授業でお話ししたのが

「12人の怒れる男」という映画です。

1957年の白黒映画です。

 

最近リメイクされたり、

舞台化されたようですが、

一番最初のバージョンのが

やっぱりいいですね。

 

ヘンリー=フォンダという俳優さんが

いい味出してます。

 

DVDにもなってますので

オススメです。

 

ちょっとだけあらすじをお話しすると、

ある暑い日に父親を殺した容疑で

捕まった少年の裁判で陪審員を

することになった男たちが、

無罪か有罪かを激論していく、

というだけの映画です。

 

それだけなのですが、

めっちゃ面白いんです。

 

余り話すとネタバレなので

これくらいにしておきますが、

面白いのでぜひおすすめです。

 

彦根駅前校 川口