校舎ブログ

月が綺麗ですね

彦根駅前校|2016年7月19日

今夜は綺麗に晴れ渡った夜空に、

まん丸い月が浮かんでいました。

実に綺麗なお月さまでした。

 

「月が綺麗ですね」というと、

夏目漱石のエピソードが有名です。

 

 

夏目漱石は英語の先生で、

ロンドンにも留学しているんですよ。

 

留学生時代に友人だった正岡子規に

送った手紙が、『倫敦消息』という

短編のもとになっています。

 

著作権は切れていますから、

「青空文庫」で読めますよ。

こちらになります。

 

ちなみに僕は、

同じロンドン留学時代に

自転車に乗る練習をした体験を記録した

『自転車日記』の方が好きです。

漱石らしいユーモアがあふれています。

 

話を戻しましょう。

 

夏目漱石の英語の授業で

“I love you.”を「我君ヲ愛ス」と訳した

生徒に対して、

「日本人はそんなことを言わない。

『月が綺麗ですね』とでもしておきなさい」

と指導したのだそうです。

 

このエピソードがもとになり、

好きな人に遠回しに告白したいときに

「月が綺麗ですね」なんて言う人が

いるとかいないとか。

 

でも、相手がこの話を知らないと、

「うん、そうだね!綺麗だね!」で

終わってしまいかねず、

使いどころが難しい告白方法です。

 

彦根駅前校 川口