校舎ブログ

決断した瞬間から、がむしゃらに。

彦根校|2016年7月8日

高校からバスケットをはじめた。

 

中学までは野球部で、

中学の友達とは、

高校で野球をする約束をしていた。

 

ところが、

朝練が辛い。

 

高校までは片道15キロ。

自転車で45分。

 

電車もバスも通っていない田舎。

移動手段は「自転車」のみ。

 

とにかく、

朝練が辛い。

 

と、いうわけで

あっさり、野球をやめ、

新しいスポーツを探した。

で、出会ったのが、バスケット。

 

頂点極めるぞ、

という気持ちで

入部したわけではないが、

 

入部した自分に待ち構えていたのは、

経験者と素人の扱われ方の違い。

 

経験者は先輩と混じって練習。

素人は、ステージ上でひたすらダムダム。

 

今にみておけ‼

絶対にうまくなってやる‼

 

本気‼

 

中学校の時

無気力・無感動だった

自分の姿は、

そこにはもうなかった。

 

それからは

がむしゃらに、練習する日々。

 

みんな帰っても、

1人残って自主練。

 

そのかいあって、

なんとかレギュラーになった。

 

大学ではキャプテンも務めた。

 

 

 

結局、

何が言いたいのか、と言いますと、

 

結局は、

なんでも本気でやると結果がでる、

ということです。

 

 

この夏、

彦根で一番、本気な場所。

 

それが、

HOMES彦根校であり、

志門塾彦根校です。

 

村山