校舎ブログ

暑い夜には涼しくなる本を

彦根駅前校|2016年8月12日

連日暑い日が続いていますね。

何とか涼しく過ごしたいものです。

 

エアコンのきいた部屋から

外に出るのがいやになりますが、

あまりエアコンに頼りすぎても

体の機能がおかしくなるので

ほどほどにしたいところです。

 

エアコン以外の暑さ対策というと

風鈴の音で涼しさを感じるのが有名ですが、

「怖い話」でゾクっとして涼しくなろうというのも

よくある話です。

 

 

ということで、今回は

「涼しくなれる本」を

2冊ご紹介しましょう。

 

 

 

一冊目はこれです。

2016-08-10 12.53.28

「初恋」なんていう

甘酸っぱいタイトルですが、

中身はめちゃくちゃ怖い話です。

 

といっても幽霊や妖怪は

全く出てきません。

 

それでいながらホラー小説です。

 

主人公は平凡な既婚の

サラリーマンなのですが、

ある日会社の受付に、

妻が作ったのではない

「愛妻弁当」が届けられ、

そこから日常生活が

徐々におかしくなっていく・・・

というお話です。

 

「一番怖いのって、

幽霊とかじゃなくて

生きてる人間だよね」

としみじみ思いました。

 

 

 

さて、2冊目です。

2016-08-10 12.53.19

推理小説の隠れた名作です。

 

新婚旅行の初日に新妻が失踪、

これを調査していた探偵が怪奇的な

殺人事件に巻き込まれていく・・・

 

というお話です。

最後のクライマックスで

タイトル通り「さむけ」がしました。

 

どちらも古くてくたびれた本で、

ブッ◎オフで100円でしたが、

いい本ですよ。

 

C教室の棚に置いておくので

読んでみてください。

 

彦根駅前校 川口