校舎ブログ

律儀な泥棒

彦根駅前校|2016年9月15日

今日は中秋の名月です。

授業が終わってみんなを送っていくときに、

綺麗なお月さまが雲の間から顔をのぞかせてました。

 

ところで、中秋の名月とは

9月中にある満月のことだ、

と思っている人が結構います。

 

なんてことを書いている

僕もそう思っていたのですが、

実は必ずしも満月ではないそうです。

 

詳しい話は国立天文台の

こちらのページをお読みください。

 

中秋の名月というとお供えの

月見の団子が有名ですが、

地方によっては里芋だったり、

台湾など漢民族の文化圏では

月餅だったりします。

 

中には珍しい月見の風習で

「お月見泥棒」というものがあります。

 

これは月見のお供えとして

おいてあるお菓子を、

近所の子供が持っていてもOK!

という風習だそうです。

 

昔は子供がこっそりドロボーしに来たのを、

気づかないふりをしてあげていたそうですが、

最近はきちんと「お月見泥棒です」と

名乗ってからもらっていくそうです。

 

律儀な泥棒ですね。

 

彦根駅前校 川口