校舎ブログ

卒展

大垣本部校|2016年10月27日

秋と言うと、「食欲の秋」「読書の秋」「芸術の秋」とかいろいろありますよね。

 

今回は「芸術の秋」ってことで、先週のことですが、岐阜県美術館に行ってきました。

加納高校美術科の卒業制作展です。

塾生が出品しているので見に行ってきました。数年前にも生徒がいたので、今回で2度目になります。

もともと美術館巡りが好きなのですが、今回も素敵な作品群を見れて幸せでした。

他校の美術科のことはよくわからないのですが、加納はレベル高いと思います。

油絵、日本画、デザイン・工芸、彫刻、そのどれもが「これ、ホントに高校生の作品?」と思うような完成度の高さと独創性。

絵画で言うと、具象画の良いのですが、観念的な抽象画も素敵でした。

彫刻や工芸なども、「これ、何を意図して作ったのかな?」と想像をめぐらすのが楽しいです。

簡単に答えが出ないもの、答えが一つに絞れないもの、そういう「割り切れなさ」「曖昧さ」「多様さ」の中にこそ真実があるような気がしてきます。

作品をここでお見せできないのが残念ですが、この中から何年か後に日本を代表するアーティストが出るんじゃないか、そんな期待も持たせてくれた卒展でした。

 

yoneyama