スーパームーンだったのに | HOMES個別指導学院

校舎ブログ

スーパームーンだったのに

彦根駅前校|2016年11月14日

今日はスーパームーンだったのですが、

雨が降って見られませんでしたね、残念。

「先生、スーパームーンが出てない!」と

中学3年生のみんなが嘆いてました。

 

ところで、スーパームーンって何?という話ですが、

普段より大きく見えるお月様のことです。

 

知っての通り、月は地球の周りを回っていますが、

その通り道は、実はまん丸ではなくて楕円です。

 

だから月と地球の距離も日によって少しずつ

変化していて、地球に近いところにあるタイミングで

満月になるのをスーパームーンというそうです。

 

地球から遠いときに満月になるのと、

近いときに満月になるのとでは、

面積が30%ほど違うそうですよ。

 

そうはいっても、小さいときの面積を

覚えていないので、月を見たところで、

大きいかどうか僕にはわからないのですが。

 

彦根駅前校 川口