校舎ブログ

えらい変換をしてしまった

彦根駅前校|2016年12月22日

今日で志門塾高校部の方の

第一タームが終了しました!

お疲れ様!

 

さて、第一タームの高3の授業は

日本史だったのですが、歴史系の

プリントを作るときって文字の変換で

苦労することがあります。

 

最近はパソコンの性能も上がってきて、

変わった変換は減ってきていますが、

油断できないことも多いです。

 

例えば鳥羽僧正(とばそうじょう)の

『鳥獣戯画(ちょうじゅうぎが)』という、

漫画の元祖のような絵巻があります。

 

あれを変換しようとしたら出てきたのが

「飛ばそう常の超獣ギガ」

おっきくて強そうな怪獣が

いつでも空を飛んでいる感じです。

ウルトラマンにも勝てそうですね。

 

プロレタリア文学で有名な

小林多喜二が書いた『蟹工船』は、

『カニ光線』

になっていました。仮面ライダーとか

なんとか戦隊なんとかレンジャーの

怪人の必殺技みたいですね。

浴びたらカニになっちゃったりして。

 

他にも国語のプリントを作っていた時に

「~のなすがまま」を変換したら

「~の茄子がママ」

と出てきたことがあります。

 

茄子がママだとしたら、

パパは何でしょうか。

トマトとかかぼちゃあたりでしょうか。

 

見つけるとちょっとクスっとくるのですが、

見逃すと大変恥ずかしいので

チェックに手を抜けません。

 

そうそう、僕がやったのではないですが、

ずいぶん前に一度、僕の名前が

「革靴」

になっていたことがあります。

一文字打ち間違えたんでしょうけど、

全然違いますね。

というか人ですらない。

まったくもう。

 

彦根駅前校 革靴川口