校舎ブログ

一度気になってしまったら

彦根駅前校|2016年12月12日

世の中、普段何気なく使っている言葉の中にも、

よく考えてみたら不思議な言葉があるものです。

 

元々関西地方の方言なのだそうですが、

「えげつない」という言葉がありますね。

 

・露骨でいやらしい、下品だ

・やりかたがあくどい

・人情味にかけて残酷だ

 

といった意味に使われています。

あんまりいい意味ではありません。

 

 

で、昨日の夜、ふとしたきっかけで、

そう言えば「えげつない」って

一体何がないのか、

そもそも「えげつ」って何だろう?

と思ったわけです。

 

気になったらついつい

調べてしまいたくなるもの。

 

そして、調べてみたら

いろいろ分かってきました。

 

 

古い言葉らしく、語源は諸説ありますが、

どうやら「えげつない」は江戸時代に

上方、つまり京都・大坂あたりの方言、

「いげちなし」がなまったもののようです。

 

「いげちなし」の意味は

・人情味がない、薄情だ

・厚かましい、どん欲だ

・むごい、むごたらしい

 

となっています。現代語の

「えげつない」とほぼ同じです。

 

ちなみに漢字で書くと

「意気地なし」だそうです。

 

現代語の「いくじなし」とは

ずいぶん意味が違いますね。

 

 

彦根駅前校 川口