校舎ブログ

勉強の流儀Ⅰ 志学編

岐南校|2017年3月27日

ひさかたの 光のどけき 春の日に

しづ心なく 花の散るらむ

紀友則

 

新年度 春期講習が始めるにあたって、あらためて学力を伸ばす条件というものを考えてみました。

新中学1年生の子たちを中心に、どんな人が学力を伸ばすことができると思う?の問いに、以下の答えがでてきました。

 

●計画が立てられる人

●勉強以外も頑張る人

●やると決めたら熱心にやる人

●人の話が聞ける人

●前向きな人

●性格が良い人

 

などなど。

分かってるじゃないの~。

言う事ありませんな。彼らの内に、すでに分かっていることで、こちらの愚問でした。

他に加えるとしたら、

岐南校開闢以来の一つの方針でもありますが、

 

●勉強を楽しめられる人

 

に限ります。

 

ソクラテスと孔子いわく、

「知らないのに知っているつもりでいる人よりも、知らない事があるという事を知っている人の方が偉く、

そして、これを知る者はこれを好む者に如かず、これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」

と。

東洋西洋の合わせ技でした。

 

岐南校 奥村