校舎ブログ

なのにきゅうり

EDUCE岐阜駅前校|2017年6月23日

「こんなタイミングで言うのもなんですが・・・キュウリは食べられますか?」

なのにきゅうり

先日、歯の治療のために、いつもお世話になっている歯医者さんへ行きました。

念のため痛み止めをいただくために処方箋を持って、最寄りの薬局へ。

ここも以前に何回かお世話になっている薬局です。

 

痛み止めをいただく理由を薬剤師さんに話し、お会計をした際に上のような話になったわけですが・・・

「薬局なのにキュウリ」

・・・上手く想像できなかった私の表情を察してか、なぜキュウリなのかを教えてくださいました。

その薬局を運営している社長さんは農業もやっておられ、獲れたキュウリをお店にたくさん送ってくださり、そのおすそ分けということでした。

 

最初は少し驚きましたが、後々になってシミジミと嬉しい気持ちになりました。

日頃のお客様に対する感謝の気持ちを、自分の範囲内でできることをやってみました・・・みたいな奥ゆかしさを感じたからでしょうか。

この「できる範囲でやってみました」感のあるおもてなしは、かえって心に残ると思います。

そんなことを思いながら、キュウリたちを自宅に持ち帰り、美味しくいただきました。

ありがとうございます!

 

薬局でのできごとのように、私もひとりひとりに、真心こめた関りをしていこう。

改めてそう思わせられたひとときでした。

 

T.Yanagi