校舎ブログ

加納高校の先輩の話を聞こう!2

岐阜本部校|2017年6月28日

IMG_8686

 

昨日の加納高校クラスの1年生の授業では

大学生のお話を聞こう!第2弾は 【鈴木先生】でした。

 

鈴木先生は前回の青木先生に引き続き、

加納高校の卒業生です。

今回、加納の子たちへ話すということで

緊張しながらも念入りに準備してきてくれました。

 

伝えてくれたことは大きく分けて5つ

1 私は元々できる子じゃない

2 根性は誰にも負けない

3 高3でコロッと変わった志望校

4 加納高校の後輩へ

5 HOMESについて

 

 

まず始めに、

鈴木先生は

「私はね、もともと天才とかできるタイプじゃないんだ」

と言っていました。

 

ホ―(‘ω’)親近感がわく生徒たち

 

 

だからこそ、

「高校の時は予習を必ずやり、

小テストの勉強も定期テストの勉強もきちんとしていた。

そういう根性ではだれにも負けなかった!」

と言い切きっていました。

カッコいい!

なんと、小テストは3年間で1回しか落ちたことが無いそうです。

 

 

その証拠に、

高校生の時に使っていた古典のノート、

英表の教科書、自習ノートを見せてくれました。

 

使い込んだ先輩のノートを見て、驚く後輩たち。

 

英表の教科書には、

◎〇△✓といった

“何回もやって完璧にしている形跡”

があったからです。

 

 

ここまでやるんだぁ・・・と実感したと思います。

 

 

ここまでやっていたのです!鈴木先生は!

(ドヤ( ̄▽ ̄)私じゃない)

 

 

だから、英語は常に95点以上、学年5位以内をKEEP★

100点だっとってきたこともありました。

 

それを聞いた時

( ゚Д゚)

みんな口が空いてしまいました(笑)

 

(ドヤっ(・`д・´)私じゃない)

 

きちんと学校のことをやっていたので

彼女は模試の点数も良かったです。

 

「定期テストは侮れないよ!」

というのが1番伝えたかったことです!

 

 

もともと考えていた大学がありましたが、

高3の夏にオープンキャンパスに行き、

コロッと志望校を変えました。

 

国公立大学に行くこと

4大に行くことが良いこと

と考えるのもアリだと思います。

ただ、鈴木先生は自分の夢に向かって

きちんと自分で選びました。

やることをやっていたから選択肢があったのです。

 

 

 

最後に、加納高校ならではのお話、

HOMESについて話してまとめてくれました。

 

 

「小6からHOMESに入って、

その時の先生みたいになりたい!

って漠然と思ったのがキッカケで

非常勤講師になりたいと思ってきました。

志望校を変えた時もHOMESの先生に真っ先に報告したし、

HOMESは私の居場所です。」

と言ってくれたのが嬉しかったですね。

 

 

 

岐阜本部校 日比野