校舎ブログ

旅人Ⅳ~大都会~

EDUCE岐阜駅前校|2017年6月11日

生徒の修学旅行にちなんだエピソードをご紹介してきた「旅人シリーズ」も、今回で少し落ち着くと思います。

初夏の修学旅行も終わりましたので、次は秋の修学旅行でしょうか。

その頃に、またご紹介したいと思います。

 

修学旅行で東京に行ってきた生徒からいただきました。

この「ちょっとつまむ感」が、慌ただしい時間帯の間に嬉しいひとときを与えてくれます。

旅人Ⅳ

友だちとの最高のひとときを過ごしていても、EDUCE岐阜駅前校のことを思い出してくれていることが、何よりも嬉しいです。

どうもありがとう!

この後も検定テストが続きますが、頑張りましょうね。

 

私が初めて東京に行ったのは、高校の卒業旅行の時です。

メンバーは、私はじめ数名の悪友たち。全員関西人Σ(・ω・ノ)ノ!

関西の「おばちゃん」も集まると、たいがいやかましいですが、男たちも集まるとやかましいです。

卒業旅行でテンションも高くなり、調子に乗って、手当たり次第に関西弁をまくし立てていた記憶があります。

今思えば、恥ずかしい限りです(/ω\)・・・若かったなぁ(笑)

 

今はよくわかりませんが、当時は、原宿界隈でいわゆる「専門店」や「タレントショップ」がどんどん出店していました。洋楽好きの私は、その中にある「Led Zeppelin専門店」に行ってきました。

10時開店で一番乗りした私に、「一番乗りのお客さんだから、リクエスト聞いてあげるよ」と店員さんに言われて、すっかり有頂天!特別感っていいですね!

 

「じゃあ、『Kashmir』がいいです」と答えるヤナギ。

「お、朝からいくねぇ」と上機嫌(?)な定員さん。

Kashimirが流れる間の約8分30秒。自分だけの空間を作ってくれた店員さんのおかげで、すっかり気分を良くして楽しい旅行となりました。

だからでしょうか、今でも月いちで、Kashimirは聴いています。私の中では今でもヘビーローテーションです。

 

すっかり関東地方へ足を向けなくなった私にとっては、思い出になりつつある土地です。

関東に住んでいる知人を訪ねがてら、思い出の場所も訪ねてみようと思う時もありますが、流行り廃りに敏感な大都会、思い出以外は跡形もなくなっているかもしれません。

でも、そんなとき、音楽っていいなぁと思います。

時代は変わっても、メロディーは変わらず流れ続けますからね。

(って、どこかの小説にあったような・・・記憶はあいまいですが、好きなフレーズです)

 

 

T.Yanagi