校舎ブログ

回顧録⑥

滋賀本部校|2017年7月12日

2014年も熱くなるはずだった。

1点を先制したまではよかったが、まさかの逆転負け。

2006年を想起させるのに十分な結果・内容でした。

 

ここ滋賀エリアでは忘れられない出来事がありました。

 

実は私の赴任当時、野田先生から衝撃的なことを聞いていました。

岐阜の志門塾池田校とフロンティア―ドを組み合わせたような塾が近くにあると。

ここからだけは生徒が流れてこない、おそらく地元ではNo.1の塾だと聞いていました。

その後、私も実際にその勢いを目の当たりにしたことが多くあります。

最も顕著に体感したのがセンター試験の応援の時でした。

私の1年目の、生徒からの信頼を得られていない中での寂しい応援と、

一方で、その塾の職員の周りにどんどん笑顔で集まってくる生徒たちの膨大な人数。

そのあまりに対照的なコントラストは、なかなかお目にかかれるものではなかったかもしれません。

残念ながら、それが現実でした。ただただ悔しかった、圧倒されたという記憶しかありません。

その塾の名は…「峰学館」。

当時の周辺の中高生なら、その名を知らない子は少なかったと思います。

そんな塾が何とこの年、SHIMON GROUPと一緒になったのです。

最初は耳を疑いました。

他の塾と同じになる?

今までは失礼ながら敵だと思っていた方々と。

あそこまで圧倒的な差を見せつけられた方々と。

絶対に無理だと思いました。

最初こそギクシャク感がありましたが、今では強力な同志となってくれました。

 

校舎の方ではこの年、そんな峰学館の影響も手伝ってか、比較的順調に運営されておりました。

第二章の最終年というのもあり、この年も非常に頼もしい講師たちがそろっていました。

前年に現れた救世主に加え、もぬけの殻になっていた私を起こそうとしてくれた講師に、

柳津校から新しい風を吹き込んでくれた講師。

何かと第一章の講師たちと比べがちになってしまっていましたが、

この子たちも間違いなくここの歴史に名を刻んでくれた、私の大事な宝物です。

IMG_2143

 

滋賀本部校 宝蔵