校舎ブログ

三つの話題のどれを選ぶか

彦根駅前校|2017年10月10日

中学校でも高校でも

中間テストが一段落しました。

 

高校によっては今が真っ最中のところもありますが、

彦根駅前校の過半数はテストが終わって一段落、といったところです。

 

テストが終わると当然ですがテスト結果が返ってきますね。

まさに悲喜こもごもの光景が繰り広げられていました。

 

テスト結果が良ければ

「うれしい!またがんばろう!」

で済みますが、テスト結果が

悪いとそうはいきません。

 

勉強に限らずどんな事だって、

頑張ったのに結果が出てないと思うと

それを続けるのが嫌になるものです。

 

そういう気分に流されて、

ついつい自分を責めてみたり、

あるいは他の誰かや何かのせいにして

勉強から離れてしまいたくなります。

 

「部活が忙しいから」なんていう話題を

この時期にときどき耳にします。

 

新しい参考書や別の勉強法などが

妙に魅力的に見えたりもします。

もし自分がそうなっていたら要注意ですよ。

 

 

 

ところで話は変わるようですが、

心理学の1ジャンルとして

「アドラー心理学」と

よばれるものがあります。

 

どういうわけか去年くらいから

各マスメディアにしょっちゅう

出てきていましたから、中には

知っている人もいるでしょう。

 

このアドラー心理学を扱った本、

『幸せになる勇気』の中で

カウンセラーが悩みを聞く場面で

あることをするのです。

 

それは何かというと、

話題を3つのジャンルから

選んでもらうのです。

 

その3つとは

1)悪いあの人

2)かわいそうな私

3)これからどうするか

です。

 

これを見せてから選んでもらうと

ほとんどの人が「これからどうするか」

をカウンセラーに話してくれるのですが、

これをしないと1や2ばかりになるそうです。

 

みんなも気付かないうちに

1とか2みたいな考えで

頭がいっぱいになっていませんか。

 

もし今回の結果が悪かったとしても

誰かや何かのせいにせず、また

自分自身をいじめたりせず、

「これから彦根駅前校でどう勉強していくか」

をしっかり考えていきましょう。

 

どうすればいいかわからないときは

遠慮なく彦根駅前校の先生に

言いに来てくださいね。

一緒に「これからどうするか」

を考えましょう。

 

彦根駅前校 川口