本当のほうれんそう | HOMES個別指導学院
校舎ブログ

本当のほうれんそう

彦根駅前校|2017年11月14日

なんかタイトルだけみると

グルメ漫画っぽいですね。

「本当のホウレンソウをお前に食べさせてやるぜ!」

みたいな。

 

 

そうではなくて

 

 

会社に入りたての新入社員がよく言われる

「『ほうれんそう』をしっかりしなさい」

のほうれんそうです。

 

「ほう」は「報告」

「れん」は「連絡」

「そう」は「相談」

で「ほうれんそう」となります。

 

新入りは分からないことが多いのだから

報告・連絡・相談をしっかりやりなさい!

というような感じで教え込まれるわけです。

 

 

実はこれ、間違いです。

 

 

いや、間違いと決めつけるのはやり過ぎですが、

本来は新入社員に向けて言う言葉でないのです。

 

 

本当の「ほうれんそう」とは、

「報告・連絡・相談を受けやすいような人であらねばならない」

という、上司や先輩といった報告・連絡・相談を受ける側の人を戒める言葉なのです。

 

それがいつの間にか、報告をする側だけの

義務であるかのように広まってしまっているのです。

 

僕たちはみんなの上司や先輩ではないですが、

みんなに勉強内容を教える立場の人間ですから、

みんなが「ほうれんそう」しやすいように

気を付けなければと改めて思いました。

 

彦根駅前校 川口

 

説明会・体験授業のお申し込み、
資料請求はこちら