校舎ブログ

火事の消火にいくらかかるか、誰が払うか。

上石神井校|2018年8月25日

IMG_7085

 

消火に使った水道料金は、誰が払うのか?そんな疑問を持ったことはありませんか?

水道事業者には、「公共の消防用に使われた水は、料金を請求してはいけない」

というルールが法で定められているのです!

なので水道局や消火庁が払います。

 

ところで、消火にかかる水道料金って、どれくらいなのでしょうか??

毎分2,000リットルもの放水能力を誇る消防車が30分間放水すると、

なんとお風呂240杯分もの水が使われるそうです!

お金に直すと、2万円だそうです!30分で2万円!すごい水の量ですね。

 

みんなも火事は起こすなよ☆

 

上石神井校 田中