校舎ブログ

ランって何?

彦根駅前校|2019年2月10日

国公立大学の二次試験がある2月25日まで、彦根駅前校は毎朝10時に自習室開放しています。

 

私立大学の入試が本格化してくると、入試に行く人がいるため自習室で勉強するメンバーは少し減りましたが、それでも毎日たくさん勉強しに来てくれています。

 

そんな高校三年生もあと三週間ほどで卒業です。「もうすぐ卒業やし、学ラン着るのもあと少しやな」「ほんまや。卒業してからも着てたらコスプレやで」という会話を聞いていてふと気になりました。「学ランの『ラン』て何?」

 

「学」の方は学生の服ですからわかりますが、「ラン」て何?と思って調べると、諸説ありますがどうやら「ランダ」らしいです。「ランダ」というのは「オランダ」からきている語で、鎖国中の江戸時代に出島で交易していたオランダ人がもたらした外国産の布地や、オランダ人が着ていたような服を指した言葉だそうです。

 

明治時代、それまでの和服の学生に対して洋装の学生が登場し、「ランダを着ている学生」が着ている服ということで「学ラン」となったようです。

 

彦根駅前校 川口