校舎ブログ

卒業と新年度

大垣本部校|2019年3月25日

昨日、今日と、授業を担当していた高3の生徒が受験結果を報告しに来てくれました。

 

2人とも私立大学定員厳格化のあおりを受けてたいへん苦労しました。

後期試験も受けて何とか複数の合格を勝ち取り、その中から進学先を選ぶことができたのは、

不合格通知を受け取って心が折れそうになりながらも、最後まで諦めずに勉強を続けたから思います。

 

その姿勢は「見事!」といえるものでした。

 

この2人からは最後まで粘ることの大切さを改めて教えてもらいました。

 

古代ローマの哲学者セネカは「人は教えることによってよく学ぶ」という言葉を残したそうです。

塾講師として多くの生徒と関わることで、逆に生徒から多くのことを教えてもらっています。

これまで関わってきた数多くの生徒のおかげで、今の自分があると言っても過言ではありません。

昨日・今日に来てくれた高3の二人のおかげで、改めて実感できました。

 

多くの生徒が卒業し、また多くの生徒が入ってくる季節です。

この2人を含む、卒業していく多くの生徒たちに感謝しながら、

新年度も頑張っていこうと思います。

 

大垣本部校 森