校舎ブログ

改めまして。

大垣本部校|2019年4月27日

先日、「清野」としてブログを投稿させていただいた者です。

ポツポツと出没します、と言いながら、今後は「清野」として投稿する事はないでしょう。

その理由も含め、本日は自己紹介をさせていただきます。

 

 

もしかしたら、既にご存知の方もいるかもしれませんが、私は社長から「ヤンキース」と呼ばれております。

※At HOMES vol33で、社長に特集していただきました。

at33

この「ヤンキース」というあだ名を拝名したのが、小学校6年生の頃です。

教室でジャイアンツの帽子を被ってきた生徒(=私の事です)に対し、通常であれば「帽子を取りなさい。」と叱責される場面です。

ところが、当時の川瀬先生がおっしゃったのは、「何で、ジャイアンツの帽子を被っとるんや?」という、純粋な質問でした。

※川瀬先生の持つ、懐の広さは脱帽です。

 

しかし私は、言いようのない恐ろしさを感じたのを覚えています。悪気は無かったですが、ものすごく悪い事をしてるんじゃないかと。

咄嗟に、当時好きだった「松井秀喜」選手の事を思い出し、

「ジャイアンツファン、というより、松井選手のファンなんです。」

と返事をしました。

※余談ですが、川瀬先生はドラゴンズのファンです。

 

…さぁ、流れが見えてきた方も、いるかもしれませんね(笑)

この年の12月、松井選手はアメリカのメジャーリーグへ挑戦しました。

そう、「ニューヨークヤンキース」へ。

その瞬間、私のあだ名は「ヤンキース」となりました。

 

あの時から既に15年以上の月日が流れ、今、こうして川瀬先生の近くで仕事をさせていただいてる事が、本当にありがたい事だと感じております。

子どもたちや先生方もまた、温かく私を迎えてくれました。

この場を借りて、皆様に御礼申し上げます。

 

 

子どもたちにとって、最高の関わりが出来る環境であること。

何か困った時や苦しい時に、いつでも帰って来ることが出来る場所であること。

川瀬先生からいただいたものを、皆様へもお伝えしていけたらと思っております。

不束者ですが、どうぞよろしくお願い致します。

 

清野(ヤンキース)