校舎ブログ

月が綺麗ですね

彦根駅前校|2019年9月13日

ということで、今日は中秋の名月でした。きれいに晴れた夜空に満月が浮かんでました。昨日あたりから涼しくなって秋らしい爽やかな風が吹いています。

 

月と言えば、夏目漱石の月にまつわる有名なエピソードがありますね。知っている人もいるかもしれません。

 

夏目漱石さんは東京帝国大学(今の東京大学)の英語の先生をしていました。あるとき、”I love you.”を「我、君を愛す」と和訳した学生に、「日本人はそんなこと言わない。『月が綺麗ですね』とでもしておきなさい」と指導した、というものです。

 

このお話は本当にあったことなのかどうか、出展があやふやでちょっと微妙らしいのですが、文豪らしいエピソードとして知られています。

 

でも、入試や定期テストで、ここまで原文から離れた意訳をしてしまったら×にされちゃいますね。

 

あまりに直訳すぎるのも日本語としてぎこちなくて不自然になってしまいますが、意訳が過ぎるとそれはそれで点数がもらえなかったりします。元の英文がなんとなくわかるような自然な日本語、くらいを目指すのがいいでしょう。

 

今週末は三連休で、高校生は部活の試合が、小中学校では体育大会がたくさん行われるようですが、そろそろ中間テストの足音が聞こえてくる時期です。準備を始めておきましょう。

 

彦根駅前校 川口