校舎ブログ

人生の「あいうえお」

島校|2012年3月9日

実は、私の尊敬する人から、ある言葉をいただきました。

人生の「あ・い・う・え・お」です。

ウケウリですが、私の中に落とし込んであります。

「あい(愛)」
「うん(運)」
「えん(縁)」
「おん(恩)」

人生で必要なもの。特に、恩はよく「恩返し」として使われることがありますが、その使い方だけではないのです。

「恩送り」なのです。受けた恩を、その人単独に返すのではなく、受けた恩を、さらに周りの人に伝搬することを指します。

「恩」が広がれば、それだけまた多くの人の支えになると思います。

私も、上司からもらった恩や、生徒からもらった恩、家族からもらった恩など、たくさんあります。考えさせられますね。

島校 高橋

鉄の結束

島校|2012年3月8日

「絶対に9人で合格する」

これはパソコンのフォントではありません。この文字は生徒本人が書いた字です。

1字入魂ですね。

力が入っているのがわかります。

とても力強くて、固い結束のようなものも感じます。

うん、頑張れ!生徒諸君!

高橋

国府校が開校します!!

国府校|2012年3月7日

皆さん、はじめまして。

HOMES個別指導学院・国府校校舎長を務めさせていただく柿下です。
塾の講師を続けていて常々思うことは、勉強に取り組むきっかけをつかむことができず

苦しんでいる生徒が多いなぁということ。

人には一人ひとり個性があり、得意・不得意、好き・嫌いなどがそれぞれ違います。

国府校は、その個性を生かし勉強に悩む皆さんにやる気が起こるきっかけを提供できる場所を目指します。
また、国府校は高山校と連携することが多くなります。

高山校と最高のタッグを組んで皆さんの勉強の役にたてられるように頑張っていきます。

国府校は3月26日(月)に開校いたします。

どうぞ、よろしくお願いします!!


国府校校舎長  柿下 純一

出会いの大切さ

島校|2012年3月7日

今日は何といい日になったでしょうか。

今日、偶然、7年前の教え子に再会しました。姉弟そろってです。
お姉さんの方は大学生で、なんだかんだでよく弟に目をかけていて、頼れる姉貴でした。
弟は今高校生ですが、7年前の面影がありました。久しぶりに積もる話ができました。楽しかったです。

久しぶりに会えて、歳月の過ぎる速さに感慨深いものを感じました。2人とも私を覚えていてくれて、やっぱりこれって嬉しいものですね。もちろん私も覚えていましたよ。

私は「出会い」に対しては、「縁」を感じています。ここで会えたのも、何かの縁。人と人はどこかでつながっている。本当にこの縁を大事にしたいのです。またどこかで会えるといいなと思います。

カウントダウンでは、かなり差し迫って来ていますが、この子の文面では、「受験勉強がつらくてさぼりたくなる時もあったけど、そんな時に、みんなのすがたがあったから、つらくても頑張れました。本当にありがとう。仲間の大切さがよくわかりました。みんなに出会えてよかったです!」と書いてくれています。

今日はそんな「出会い」の大切さを学べました。

島校 高橋