校舎ブログ

岐阜本部校43|2019年3月15日

谷口先生

 

 

谷口先生は、

学校の先生になりたいという夢のため、

高校生の時にお世話になった講師が楽しそうに働いていたこと

をきっかけに非常勤講師になってくれました。

 

最初は分からないことも多く不安もいっぱい。

いろんな方法を試してみたり…

たくさん悩んだり考えたりしてきたと思います。

 

 

彼女のすごいところは、

”なんでも自分の力に変えるところ”!(^^)!

 

失敗した時は冷静に反省して

普段から人の話をよく聞いて、

自分の指導方法や振る舞いに活かします。

 

1つ1つを丁寧に受け止め、

自分の中に落とし込んで着実に自分らしさに変えていく…

その前向きさや成長スピードに驚かされました!!

 

授業前挨拶では、1分を意識して話したり、

みんなに古典を楽しんでもらおうと

紙に書いて用意してきてくれました。

谷口先生がいつも思いをもって臨んでくれたおかげで

よりよい時間になっていきました。

高3の合格体験記には

「先生方の毎回のお話が印象的で楽しみだった。」

と書いてくれた子がいたのは、

谷口先生の功績が大きいです。

本当にありがとう。

 

 

大学生後半は教育実習も経験して

どんどん輝きが増しました。

 

それは”自分らしさ”を見つけただけでなく、

磨いていたからだと思います。

まず、自分にできること・苦手なことを見極めること、

つぎに、自分の良さを活かそうと意識と努力をすること。

この2つをずっと考えてきたのかな。

 

だから、子どもたちの良さも

ちゃんと見つけて伸ばしてくれました。

彼女に心を掴まれた生徒は数知れず(*^^)v

「先生の為に頑張ろう!」と、自然と力が湧いてくる気持ち、わかります。

 

 

いつも凛として居られるのは、

そう見えたのは、

影の努力を怠らなかったからだと思います。

 

 

子どもたちにも、後輩にも、

いつも誰にでも分け隔てなく優しくて

良いところ見つけが得意なゆりちゃん。

居るだけで安心感がありました。

 

 

HOMESで出会った子供たちがそうであったように、

これからゆりちゃんに出会う生徒は幸せだと思います。

 

 

4年間子どもたちにまっすぐで居てくれてありがとう。

 

 

岐阜本部校 日比野

W🍫

MIRAI KIDS COLLEGE|2019年3月14日

今日で今年度の通常授業は終了でした!

 

DSC_0369

 

次は春期講習で会う子もいれば、来年度から選抜コースで勉強するため今日でHOMESが最後の子もいました。

 

そんな通常授業最終日に、チョコをくれた男の子がいました!

 

DSC_0365

 

ホワイトデーということで、なんと手作りだそうです!!!!すごすぎ!!

 

お母さんといっしょに作ったと嬉しそうに話してくれました☆

 

ひとつはいつも隣同士で授業を受けている女の子に、もうひとつは私にくれました!

 

DSC_0366

 

DSC_0367

 

かわいい(^◇^)

 

食べるのもったいないな…と思いつつ、もう全部食べちゃいました(笑)

 

美味しかったです^_^ありがとう!

 

 

MIRAI KIDS COLLEGE 菅原

最後は 感謝したい人へ 恩返し

岐阜本部校43|2019年3月14日

成瀬先生

 

 

志門塾時代、ある先生にお世話になり、

少しでもその先生と少しでも繋がっていたくて

HOMESの非常勤として働き始めてくれました。

とても厳しかったけれど皆に愛される先生だったそうです。

「そんな先生になりたい」と思い続けた4年間。

 

成瀬先生は、人の想いを汲み取り、物事の意味を考え、

自分の思いに乗せて“言葉にできる”稀有な講師でした。

3,4年生になってからはそういったところがますます

強くなり、すごく救われました。

 

明るくムードメーカー、ハキハキとしていることもあり、

ついつい頼りたくなる存在でした。

生徒には、明るく楽しく接しつつも、

自信の経験から子どもたちに

受験の苦しさや厳しさもちゃんと言葉にして伝えてくれました。

 

 

根が真面目でよく気づくからこそ、

時に葛藤もあったと思います。

嫌われ役になるのは本当に辛いことです。

気づいてしまう、言葉にできてしまう、言える強さもある…

厳しいだけの先生になっていないか…悩んだそうです。

でも本当は、頑張って強く居てくれたんだと思います。

 

 

生徒だけではなく、

後輩非常勤が増えてきて、立場が変わり

もっと葛藤や悩みを増やしてしまったと思います。

 

それでも、HOMESの環境に感謝しつつ、

厳しいことを伝えるのを辞めなかったのは、

そんな風に涙を流せるのは、

志門塾時代の“恩”が根底にあること、

“岐阜本部のみんなが好き”だったからだと

最後の授業前あいさつで話してくれました。

 

「先生と過ごす最後のテストだから、

先生の為にちゃんと良い点数取るね」

と生徒に言われて、

「4年間やってきて良かった」と思ったそうです。

 

中学生の頃、“先生の為に”頑張りたいと思ってきたことが

今では生徒が同じ思いでいてくれたはずです。

 

 

実は、3月のブース壁の言葉

“最後は 感謝したい人へ 恩返し”は、

成瀬先生を見ていて思い浮かんだ言葉でした。

 

 

大切なことを教えてくれてありがとう。

 

 

岐阜本部校 日比野

2019.3.13 お誕生日!!

GRAN(グラン)|2019年3月14日

3月13日と言えば、合格発表の前日!

ではなく、ある先生のお誕生日でした!!

その先生は…

IMG_7470

山本先生です。(サポスタ終わりにお話をしている最中です)

この裏では、講師陣がケーキを持ってスタンバイしています。(写真はありませんが…)

サポスタに参加してしていた生徒からお祝いを受けて、ロウソクを消す山本先生。

IMG_7479

その後、主役は山本先生なのですが自分でケーキを切ってくれました。

IMG_7491

IMG_7493

「なんで自分が…」っと言いながらも全員分切ってくれました。

ありがとうございます。

お誕生日おめでとうございます。

GRAN 高橋一樹

海津校|2019年3月14日

次から次へと中3の子が玄関を通過するのを出迎えるのが好きだということに最近気がつきました。

どんどん人が集まってくる塾って良いですよね。

 

今日は合格発表日。

祝賀会に行くために、次々みんなが玄関を通過するイメージをして……。

祝賀会会場で待っています!

 

海津校 加藤亜季