校舎ブログ

春期講習やってます!

彦根駅前校|2019年3月23日

HOMESも志門塾も、本格的に春期講習をやっています。

 

朝からみんな頑張ってますよ!

 

入口のガラスのところに、「挑戦する春」ということで、皆それぞれ目標を書いています。

 

さて、今日の高2の授業のときに、ふとしたことから磁石の話になりまして。

 

「磁石の研究は工業の基盤を支える重要な研究なんだ」と力説していたら「またまたぁ、そんな事言っちゃって」みたいなビミョーな反応でした。が、本当に重要なんですよ、磁石。

 

モーターと発電機は高性能な磁石が無いと作れません。スピーカーやマイクも磁石を使います。みんなが音楽を聴いているイヤホンやヘッドホンにももちろん入っています。それからパソコンのハードディスクにも欠かせません。

 

こういった高性能な電気製品には小型軽量でなおかつ強力な磁石が必要です。そこで登場するのがネオジム磁石です。

 

現在世界で一番強力な磁石だとされています。作ったのは日本人です。1立方センチくらいのネオジム磁石で約10キログラムの鉄をくっつけられるそうです。あと、普通の紙を20枚くらい重ねたやつもぴたっと鉄板にくっつけられるそうです。すごいですね。

 

あとレーザーの光を細くする研究の話もしました。これまた一見地味な研究ですけど、今の10分の1とか20分の1とかの細さでレーザーを安定して出せるようになると、1枚のDVDやCD-ROMに今の10倍とか20倍のデータを記録できるようになったり、顕微鏡で見なくちゃわからないくらいのサイズのものを作るナノテクノロジーがものすごく発達するんです。

 

ちなみに腕時計の中の部品として使われたりするものすごく小さい歯車は、特殊な液体に薄い金属板を入れて固定し、極細レーザーで焼き切って作るんですよ。

 

こういう一見地味なところの改良や発明が、世の中にものすごく大きな影響を与えたりします。華々しい研究もいいですけど、地味なのに重要な研究にも興味を持ってほしいなぁと思います。

 

彦根駅前校 川口

一般入試

彦根駅前校|2019年3月6日

今日は公立高校の一般入試でした。中3生のみんな、お疲れ様でした。手ごたえはどうでしたか?

 

これで入試は一段落します。が、これが終わると高校生活。普通科だろうと職業科だろうと、勉強の内容は高度になるし、進む速さも数倍速くなります。

 

よく「高校に合格したばかりだから、まずは学校に慣れてから」という感じでいったん勉強から離れてしまう人がいます。1,2か月はゆっくりして、慣れてから本腰を入れようなんて考えていると、中学校で半年近くサボったのと同じくらいの差がついてしまいます。

 

ですから、せっかくこれまで入試に向けて頑張ってきた勉強のペースを崩さずに、そのまま高校生活に入るようにしましょう。

 

彦根駅前校 川口

誕生日でした

彦根駅前校|2019年3月5日

そういえば今日3月5日は私こと川口の誕生日でした。谷本先生がケーキを買ってきてくれました。

誕生日ケーキ

いい歳したおっさんの誕生日祝いとしてはあまりに可愛らしすぎるケーキでした。大変おいしかったです。

 

彦根駅前校 川口

いよいよ明日ですね

彦根駅前校|2019年3月5日

明日は滋賀県公立高校の一般入試です。

 

SHIMON GROUPの先生たちも手分けして応援に行く予定です。

 

受験票や筆記用具など、準備するものが全部そろっているかどうかしっかり確認したら、明日は朝から全力が出せるように、今日は早めに寝ましょう。

 

彦根駅前校 川口

明日から3月ですね

彦根駅前校|2019年2月28日

明日から3月ですね。3月1日というと、なんといっても高校の卒業式です。

 

今日は高校2年生の授業だったのですが、明日の卒業式が終わった後に、部活の先輩たちを見送る会をやるということでした。色々と準備しなくちゃいけないことがあるようです。

 

高校3年生はまだ国公立大学の結果が出てませんけど、明日は一生の思い出になる卒業式ですから、クラスや部活のみんな、それから高校の先生たちとちゃんとお話ししてきてくださいね。

 

一方で世間は色々ときな臭い感じになってきました。米朝首脳会談は何も成果が無く終わりました。以前から何度も国境紛争が起きているインドとパキスタンの間では、地上部隊の銃撃戦だけでなくお互いの空軍が国境を越えて空爆しあっているようです。

 

インドもパキスタンも核兵器保有国ですから、このままいけば世界史上初の核兵器保有国同士の戦争になってしまいます。そうなる前に事態が収まることを願うばかりです。

 

彦根駅前校 川口

 

 

学力が伸びるまで

彦根駅前校|2019年2月27日

学年末テストの時期です。

 

高校では卒業式の準備をしつつ学年末テストということで、なかなか大変みたいです。中学校でも1・2年生が木・金あたりで学年末テストになるので自習室も個別の部屋も満員御礼状態でした。

 

テストで成績が上がると嬉しいものです。それが例え入試では不要な科目であっても、点数が伸びて成績が良くなると気分がいいですね。

 

だから「成績を伸ばしたい!」というのは学生ほぼ全員に共通する願いです。もちろん願いの強い弱いはあるでしょうけど。

 

ところで、成績ってどういう風に伸びると思っていますか?

 

「勉強した分そのまま伸びていく」ということはまずありません。特に苦手教科の場合、本腰を入れて勉強を始めてしばらくたっても成績が伸びないなんていうことはざらにあります。

 

状況によって違いますけど、いろんな生徒さんを見てきた経験からすると、平均して2~3か月くらいは、「どれだけがんばったって点数が変わらない」というしんどい時期があります。

 

大変残念なことに、かなりの人がこの時期の途中で心が折れて勉強を止めてしまい、元の状態に戻ってしまいます。頑張っても報われないというのは精神的にかなりつらいですから、気持ちはわかります。

 

ですが、ここを乗り越えてもらわないとせっかく頑張った分が無駄になってしまいます。そしてこの時期を乗り越えると、突然ぐんぐん伸び始め、別人みたいな成績をたたき出します。不思議なことに、成績が伸びない時期が長い人ほど、伸び始めたときに伸び幅も大きくなることが多いです。

 

ちょうど大きなビルを建設するのに似ています。高いビルを建設するには、最初に地下深くまで土台を作らなければいけません。だから地面から上ではなく下に掘り進めていきます。階数が高いビルほど下に深く土台を作るので、現場の外から見ていると何か月も全然工事していないように見えます。

 

ですが、一度土台が出来上がると、みるみる上に伸びていき、あっという間に巨大ビルが姿を現します。

 

みんなの成績もそういう感じです。今苦しい時期を迎えている人も、勉強を止めなければいつか必ず伸び始めます。それがいつ来るのかまではわかりませんが、必ず来ます。ですから、勉強を続けていきましょう。

 

彦根駅前校 川口

明日は勝負の日!楽しみですね

彦根駅前校|2019年2月24日

昨日に引き続き、今日も朝から学年末テスト対策と中3入試対策を行っていました。

明日はいよいよ国公立大学の二次試験ということで、高校3年生たちが次々に志望大学合格ツアーに出発していきました。

 

高校3年生のみんなは、ここまでよく頑張ってきました。

 

冬休みが終わると学校が短縮授業になり、さらにはセンター試験後は学校に登校しなくてよいものですから、年明けから毎日、午前中から夜11時まで勉強していましたね。

 

その成果を見せつける時がいよいよやってきたのです。楽しみですね。

 

とはいえ、人生初の国公立大学の二次試験ですから、緊張していることでしょう。しかもセンター試験と違って、知り合いがほとんどいないか全然いない環境での受験です。不安になっても不思議ではありません。
そういう不安にかられて緊張状態が続くと、普段なら気にしないようなことまで気になってしまい、ネガティブな思考にがんじがらめにされがちです。
たとえば、試験会場で周りの見知らぬ受験生が自分よりも頭が良さそうで、それだけで勝てないような気になってきます。
気のせいです。相手もあなたのことを同じように「こいつ、私より絶対賢いぞ」と思っています。お互い様です。

 

どうしても他の受験生が目に入るなら「あ、あの人は結構好みのタイプだな。あっちも合格してたら新入生歓迎イベントでお話ししてみよう」とか「こいつ顔が老けてるなぁ。制服着てるけど本当は何歳なんだろう」とか「あの上着オシャレだな。合格祝いに同じようなのを買ってもらおう」とか考えておきましょう。

 

周りの人が何でもなさそうな余裕たっぷりの表情をしているように見えるかもしれません。
緊張して余裕がなくなり顔がこわばって無表情なだけです。「あんたも大変だねぇ」と心の中で思っておきましょう。

 

地元の高校から集団で受けに来ている人たちが友達同士で大声を出して強がっているかもしれません。
所詮は群れないと大きく出られない小心者が集団で騒いでるだけです。気にする価値もないのでスルーしましょう。あまりうるさいようなら試験官に言って注意してもらいましょう。

 

当日の朝、テレビや新聞の占い欄を気にしてしまうかもしれません。気持ちはわかります。
良い結果がでたら「やったぜ、これで受かる!」と調子に乗りましょう。
思うような結果でない時は「こんなテレビの占い程度で自分の合格が止められるものか!」と思いましょう。

 

テスト中に難しい問題に当たったとき、周りの鉛筆の音で「自分だけできてない」感じがして不安になります。気になりますよね。
そういう時には「自分だけが難しい問題だと気付いた。周りはワナに気づかず間違った方に進み続けている。早く気付くんだ君たち!」とか「周りは別の問題を解いているだけだ」とか「さっぱり解けなくて愚痴を書き込んでるだけだ」とか考えておきましょう。

 

貧乏ゆすりの音が気になったら「トイレが近くて大変なんだろう。かわいそうに。試験終了まで頑張って。間に合うといいね」と思っておきましょう。

 

テストの休憩中には、お手洗いを済ませた後で心静かに次の教科のノートや参考書を見ましょう。出たらラッキーですし。
そういう時に余裕ぶってスマホをいじっていたり、周りとしゃべっている人がいるかもしれません。
点数が上がる可能性を自分で放棄している人間は敵ではありません。勝手につぶれたい人にはそうさせておきましょう。
というように、何事も都合よく思っておけばいいんです。
思うだけなら手間もお金もかからない上に効果は絶大です。

 

明日は存分に力を発揮してきてください。

合格はもう手元にあります。後はつかんでくるだけです。
彦根駅前校 川口

学年末対策と国公立二次対策

彦根駅前校|2019年2月23日

この週末が多くの高校や中学校の学年末テスト前最後の週末ということで、今日と明日は朝から晩までテスト対策です。頑張りましょう!

 

その一方で週明けの25日が国公立大学二次試験です。遠いところの大学を受けるという高3生は明日が移動日なので今日までという人もたくさんいました。

 

いよいよ本番ですね。今まで頑張ってつけてきた実力を存分に発揮してきてください。彦根から応援してますよ!

 

彦根駅前校 川口

ランって何?

彦根駅前校|2019年2月10日

国公立大学の二次試験がある2月25日まで、彦根駅前校は毎朝10時に自習室開放しています。

 

私立大学の入試が本格化してくると、入試に行く人がいるため自習室で勉強するメンバーは少し減りましたが、それでも毎日たくさん勉強しに来てくれています。

 

そんな高校三年生もあと三週間ほどで卒業です。「もうすぐ卒業やし、学ラン着るのもあと少しやな」「ほんまや。卒業してからも着てたらコスプレやで」という会話を聞いていてふと気になりました。「学ランの『ラン』て何?」

 

「学」の方は学生の服ですからわかりますが、「ラン」て何?と思って調べると、諸説ありますがどうやら「ランダ」らしいです。「ランダ」というのは「オランダ」からきている語で、鎖国中の江戸時代に出島で交易していたオランダ人がもたらした外国産の布地や、オランダ人が着ていたような服を指した言葉だそうです。

 

明治時代、それまでの和服の学生に対して洋装の学生が登場し、「ランダを着ている学生」が着ている服ということで「学ラン」となったようです。

 

彦根駅前校 川口

明日は推薦・特色選抜です!

彦根駅前校|2019年2月5日

いよいよ明日、推薦入試と特色選抜入試がありますね。

HOMESと志門塾の先生たちも、SHIMON GROUPのみんなが受験する人数が多い高校から順に手分けして応援に行く予定です。

 

明日も頑張りましょう!

 

彦根駅前校 川口