校舎ブログ

赤本第一弾がやってきた!

彦根駅前校|2019年6月8日

中間テストが終わり、そろそろ期末の準備も始めようね、という時期ですが、高校では文化祭や体育祭の準備で忙しいみたいです。中学校は中学校で最後の部活の大会に向けて練習試合などもさかんですね。

 

そんな中、大学入試の定番、赤本の第一弾が届きました!

2019-06-08 14.05.45

ということで、C教室の本棚に置いてあります。高校3年生はどんどん活用しましょう!高校1・2年生のみんなも、今の時期から大学入試の問題がどのレベルなのかを見ておいても損はありません。

 

そうそう、C教室の問題集や参考書は誰か先生に声をかければ自習室で使うのはオッケイです!さすがに家に持って帰ることはできませんけど。

 

彦根駅前校 川口

 

気が付けば三週間

彦根駅前校|2019年6月6日

気が付けば高校の期末テストまで三週間となりました。早い中学校ではあと二週間ほどです。

 

この時期の高校は文化祭や体育祭の準備があって大変な時期ですが、期末テストも着々と迫っているのでしっかり準備しておきましょう。

 

学校行事を楽しむのはいいけれど、そちらにハマりすぎて学業がほったらかしにならないように気を付けましょうね。

 

彦根駅前校 川口

花火大会、あるみたいですね

彦根駅前校|2019年5月30日

ニュースを見ていますと、彦根市議会で花火大会の予算がつくことになったようですね。当初はばっさり削られて花火大会ができないのでは、という話でしたが、反対も多かったので予算が付けられることになったみたいです。

 

あとひこにゃんの経費も認められたみたいで、「活動休止か?!」なんてピンチだったひこにゃんも無事に活動できそうです。なんといっても彦根の観光で重要な役割を果たしていますからね。活動を休止にしたときの損失の方がはるかに大きかったみたいです。

 

そういえば、びっくりしたニュースがありました。紙をくっつける「のり」で、白血病などの治療に重要な造血幹細胞の増殖ができるらしいです。東大の山崎准教授の実験で、アラビックのりを使ったら造血幹細胞の増殖に成功したそうです。アラビックのりというのはこれですよ。見たことある人も多いでしょう。

 

この実験の前は、0.5リットルで何万円もする専用の培養液を使っていて、それでも成功率が低かったそうです。そこで山崎准教授が片っ端から色んな液体で試したところ、液体のりや、洗濯のりの主成分であるポリビニルアルコールでの培養に成功したそうです。試しにコンビニで売ってたアラビックのりでやってみてもちゃんと成功したそうです。

 

これが実用化すれば、今までよりもはるかに安価かつ大量に細胞の増殖ができます。そうすれば白血病の治療にめちゃくちゃ役立つそうです。骨髄提供のドナーの負担も軽くなるし、いいことだらけみたいですよ。エジソンが電球作るときに色々試して日本の竹が最高だと発見した話を思い出します。

 

こういう話が出ると、「ほんまかいな?」「ネタじゃないの?」と疑いたくなりますね。そうなる気持ちもわかりますが、この件についての論文がイギリスの「ネイチャー」誌に載るというのですから、これはかなりすごいことです。

 

「ネイチャー」という雑誌はイギリスの学術雑誌で、一般の読者向けというよりも世界中の研究者向けの雑誌です。創刊が1869年ですから、日本では戊辰戦争が終わって版籍奉還をやっていたころです。歴史も長いですね。アメリカの「サイエンス」誌と並ぶ、世界的に非常に権威のあるものの一つです。X線の発見やDNAの構造、オゾンホールの発見とかヒトの遺伝子の解読などはネイチャーで発表された研究です。インターネットのサイトもありますから、興味がある人はこちらからどうぞ。「サイエンス」誌はこちらです。

 

みんなも理系に進んで何か研究をするときにお世話になるかもしれませんよ。

 

彦根駅前校 川口

 

 

明日明後日は高校総体です

彦根駅前校|2019年5月29日

明日と明後日は高校総体ですね。部活によっては土日も試合のようです。高校生の皆さん、頑張ってください!

 

文化部の人は11時くらいには終わるようなので、自習室も早めに開放します。運動部のみんなが頑張っている間に勉強しましょう!

 

彦根駅前校 川口

かまきりりゅうじ がやってきた

彦根駅前校|2019年5月25日

今日は暑かったですね。すっかり夏の気配です。というか、まだ5月なのに気温が30℃を超してます。勘弁してほしいところです。

 

4月の彦根の最高気温が24℃で、今日が32度ですから、先月から8℃上昇しています。このままでいくと6月には40℃、12月には最高気温が88℃になります。東京オリンピックまでもたずに人類滅亡です。どうしましょう。

 

実際にはこんなことは起きませんね。この話は「このままでいくと」という仮定が間違っています。

 

それはさておき、今日は暑かったですね。もう夏だぜ、という感じです。「なつだぜ」と言えば、小学校の教科書に「おれはかまきり」という詩があります。知ってる人もいるでしょう。「おう なつだぜ おれはげんきだぜ」で始まる「かまきりりゅうじ」作の詩です。

 

初めて授業で読んだときは変わった詩だな、という程度だったのですが、読むうちになんだかお気に入りになっていました。おかげで夏にかまきりを見かけるとこの詩を思い出します。

 

もうすぐ彦根も夏だぜ

 

彦根駅前校 川口だぜ

 

 

工事中です

彦根駅前校|2019年5月21日

月曜から金曜まで、彦根駅前校の入っているビルの玄関のタイルを新しくする工事が行われています。

 

みんなが来る頃には作業は終わっているのですが、午後3時くらいまでめっちゃ作業しています。今日はタイルをはがす工事だったのでハンドブレーカーの音がものすごかったですね。間近で12.7㎜機関砲を撃たれた時みたいでした。あ、ハンドブレーカーというのはこれですよ。工事現場で見たことある人もいるでしょう。

 

明日以降はセメントでタイルを固めていく作業になると思うので音はしないと思いますが、工事が終わるまでは足元に注意して出入りしてくださいね。

 

彦根駅前校 川口

今日も明日もテスト対策

彦根駅前校|2019年5月18日

高校生のテストは終わっても中学生のテスト対策は続きます。

 

ということで今週の土日もテスト対策です。今日は向かいの駐車場で近江鉄道のイベントが行われていました。時々イベントの音楽が聞こえてきていましたね。

 

今日は色々とあってお休みしている中学生も何人かいましたが、明日はみんな来るようなので、明日もしっかり頑張りましょう!谷本先生が対策プリントいっぱい用意して待ってますよ!

 

彦根駅前校 川口

今日の授業で

彦根駅前校|2019年5月17日

今日は高校2年生の英語の授業があったのですが、その時に和訳の問題で「自分自身の子をもって初めて親としての苦労がわかる」なんていう文があったんですね。

 

そこでみんなにも話したんですが、小さい頃って周りにいる大人たちがものすごく立派で、なんだか完璧な存在に見えたものです。僕自身もそうでした。

 

で、大人と言われる年齢になったり、親になってみてわかるんですが、全然完璧じゃありません。相変わらずいろんなところで失敗するし、悩むし、苦労するんです。そういうものです。

 

ということは、もしみんなが自分の家族や身近にいる大人の人たちを見て、「すごいなぁ」「なんでもできるなぁ」「完璧だなぁ」と思えているとしたら、その人はみんなに苦労している部分を見せないように、感じさせないようにしてくれているのです。余計な心配をかけないように。

 

これってすごくないですか?それだけみんなが大事にされている証拠です。愛されてますね。

 

普通のこと、当たり前のことと思わずに見ると、実はすごいことって、身近にたくさん転がっていますよ。そういうものに気付くと、なんかうれしくなりますね。

 

彦根駅前校 川口

高校生はテストお疲れ様でした

彦根駅前校|2019年5月17日

今日でほとんどの高校の中間テストが終了しました。お疲れ様!

 

高校生は月末に高体連があるのでそれに向けて頑張ってくださいね。特に運動部の人はこれが最後の大会になる人もおおいでしょうから、完全燃焼してきてください。

 

中学生は逆ですね。今週中体連があって来週が中間テストです。ということで明日明後日は対策ですから頑張りましょう!

 

彦根駅前校 川口

テストと部活と中体連

彦根駅前校|2019年5月14日

高校生はテスト真っ盛りですね。今日も午前中から皆来て勉強してました。

中学生もテストが迫っていますが、その前に中体連があります。中には部活が終わって急いできても夜の7時半くらいになってしまう人も。

 

昔から部活と勉強との両立は中学生・高校生の課題ですね。

 

私も中学生のころは部活が忙しくてあまりちゃんと勉強してませんでした。吹奏楽部だったのですが、結構力を入れているところで、九州大会や全国大会を狙うようなところでしたから、日曜日も朝から夕方までやっていました。

 

その反動か、高校で入った登山部では、先輩がいなかったのと、他の部員がみんな中学以来の友人だったこともあって、「運動部最短の活動時間。一番先に帰る」「テスト2週間前から部活休み」という部のルールを定めていました。おかげで勉強と部活の両立で苦しむということはほぼなかったですね。個人的には部活動ってこれくらいの緩さの方が純粋にスポーツとして楽しめるからいいと思います。

 

もちろん、上の大会に勝ち進むために全力を出す、というのもアリです。それはそれで充実した日々になるし、うまくいったときの達成感がものすごく大きいですから。

 

いずれにせよ、部活とどうつきあっていくのかは自分で決めるのが一番です。そして決めたらなるべくそれを守るようにしましょう。

 

 

さらに言えば、どうしても無理だな、と感じたら、思い切って手放すのも一つの手ですよ。何が何でも頑張りぬく、というのは、うまくいけば美談になりますが、それで心身の健康を崩して学校生活が送れなくなってしまっては本末転倒です。そこまで行きかけたなら思い切って負担を減らしましょう。身を軽くして先に進んだ方がいいですよ。

 

 

彦根駅前校 川口