校舎ブログ

メモリーズ

滋賀本部校|2011年12月16日

誰にでも思い出の一品ってあるんですね。

自分の宝物を載せると綴ってだいぶ経ってしまいましたが、ようやく解禁です。

何だか恥ずかしいので講師のモノも紹介させていただきます。

まずは自らの思い出の一品です。

私が新入社員の時にいただいた色紙です。

「君の考えていることは的を得ている」(会長)

「いい男だと確信している」(社長)

これらのメッセージが私を支えてくださっています。

自分の原点が私の宝物です。

次に講師たちの一品です。

これは小学生をキャンプへ連れて行き、

1週間のうちで仲良くなった子たちからTシャツにメッセージを書いてもらったものだそうです。

3年間で3枚たまったんですね。

毎年スペースがないぐらい書き込んであります。

これは実際のAt HOMESにも載った一品です。

見た覚えがあるかもしれません。

小学生のころにそろばん大会の代表に選ばれ、

県で3位入賞を果たした時のものだそうです。

彼はこの時、3位以上に重要なものを手に入れたと語ってくれました。

記録よりも記憶。

みんなそれぞれに個性があって、いいですね。

滋賀本部校 宝蔵