滋賀本部校 | HOMES個別指導学院
校舎ブログ

霧のち快晴

滋賀本部校|2022年3月10日

 

雲一つない青空です。そして今日のような日を小春日和と呼ぶのでしょうか。

 

昨日、確かに高校入試が終わりました。業界的には一息つくところです。

ただ、もう一つの入試、いわゆる大学入試の方はまだ続いています。

総合型選抜は夏に始まったりしていたので、すでに半年が経過しています。

そう考えると大学受験は本当に長丁場です。

今日も一人、朝霧の濃い町から戦場へ最後の受験に向かっていきました。

 

毎年数人いますが、この時期までよく頑張れるな、と。

高校も卒業し、周りは新生活に浮かれる中で。

あれほど周りには同じように勉強していた生徒たちも、気づけば自分ただ一人。

孤独だったでしょう。寂しかったでしょう。

本当に、あともう少しです。本当に、あとほんのちょっとです。

 

 

滋賀本部校 宝蔵

久々の感触

滋賀本部校|2022年2月23日

中学生のテストが迫ってまいりました。

3年生も残り少なくなり、寂しくなってきた今日この頃です。

なかなか活気が出ないところでしたが、今日は久々にありました。

 

長い子では12時間頑張ってくれた子もいます。

強要もせず受験生でもなく、で、この数字は立派です。

明日も来ると言い残して去っていきました。

結果を残せるよう頑張ります。

 

滋賀本部校 宝蔵

さよなら21

滋賀本部校|2021年12月30日

年内最後の授業も終わりました。

今日はaaaa年末の大掃除ということで講師にも手伝ってもらいました。

 

 

はた目にはきれいになったかどうかわかりづらいのもありますが、やった側にとれば十分です。

2021冬。久々の寒波にも見舞われ、最後は少しバタバタしましたが何とか今年も越せそうです。

昨日には懐かしい顔ぶれも見ることができて自分を振り返るいい時間にもなりました。

来年もよろしくお願いします。

 

滋賀本部校 宝蔵

同世代

滋賀本部校|2021年12月14日

今シーズンのJリーグも終わり、残すは国内最大のカップ戦FINALを残すのみとなりました。

そんな中、今年で引退するという選手の報せも続々と入ってきています。

昨年の川崎のレジェンド引退も衝撃でしたが、今年も驚かされるものが多かったです。

 

その一つが大久保選手の引退。私は自分のことを勝手に「大久保世代」と呼んでいました。

自分の記憶が確かならば、彼を初めて見たのは高2の頃。同じ九州の強豪と相対した全国大会での舞台でした。

ただ、そのプレー内容は全く記憶にありません。それよりも相手の10番ファンタジスタや9番の2年生ストライカー、さらには同じチームの7番俊足選手の方が目立っていたように思います。

結局、この大会は千葉の名門が優勝したと思いますが、それに貢献した3人の2年生プレーヤーは輝いて見えましたし、東京の常勝軍団で2年生ながら10番を背負っていた弾丸ドリブラー(同じく今年で引退)には衝撃を受けました。

つまり、高2の段階では大久保選手はまだまだ目立った選手ではなかったということです。

そんな彼がその半年後には全国を制し、得点王になるとは思いもしませんでした。

決勝の1試合を見ただけでしたが、スコアは1点差ながら強烈にそのすごさを覚えています。

その試合でもゴールを決めた彼でしたが、意外にもプロのそれとは違い、どこか飄々とした印象でした。いずれにせよ、チームで10番をまとった彼はたったの半年で世代の頂点に立ったのです。

その勢いはとどまるところを知らず、国体でも優勝した彼はついには19歳以下の日本代表にも選ばれます。前年の冬に大会を彩った同学年の選手たちとついに肩を並べたのです。

やがて迎えた高校最後の大会。

この大会は波乱が多く、前年度の優勝校は早々に姿を消し、静岡の天才司令塔兼ストライカーは負傷を押しての出場でインパクトを残せず、変わって上位に進んだのは草津東をはじめとした珍しい顔ぶれでした。

そんな中でも圧倒的な強さで優勝したチームの中心には、やはり彼がいました。

実は準優勝したチームの選手と就活中に偶然居合わせ、当時のことを話してもらったことがあります。

曰く「津波のようだった」と。前に進もうにも進めない、11人全員が津波のように押し寄せてくる。それほどのプレッシャーだったと。

結局、高校最後の1年で綺羅星のように輝いた彼は鳴り物入りでプロの道へ進みました。

その後の活躍はあらためてここに記す必要もないでしょう。

最後はプロデビューしたチームで15番でも10番でも13番でもなく20番を選んだエピソードも素晴らしいと思います。

今後の活躍にも期待しています。

 

 

滋賀本部校 宝蔵

激写

滋賀本部校|2021年11月19日

今日は一生に一度あるとかないとかの日だったそうで。

月食だったんですね。

今まで日食もたびたび取り上げられてきましたが、まぶしすぎるとかで私は見ませんでした。

意外ときれいに撮れました。

 

ありがとうございます。

 

記念すべき日が万物から祝われているようで嬉しかったです。

 

滋賀本部校 宝蔵

MUT

滋賀本部校|2021年9月28日

このブログも10年以上続けています。

継続は力なりと言いますが本当にそう思います。

毎日更新している校舎には頭が上がりません。

それでも、このように内外に発信する場が設けられているわけです。

そういうわけで、自身の熱量も下がりつつありますが、周りにはブログやインスタの更新の促進をしてきました。

そんな中、峰学館と彦根校のインスタの更新数およびフォロワー数がすごいことになっていると。いうことで勝手に表彰に行ってきました。

 

 

今後も認知の向上に努めてもらいたいです。

 

滋賀本部校 宝蔵

1年たちました

滋賀本部校|2021年7月20日

一足早く英数集中特訓を行っています。

計算の正確性とともにスピードも求められる、なかなか過酷な企画です。

英単語も、ちょっと練習しただけでは絶対にやりこなせない量が出されます。

本日、終業式を迎えて2年ぶりの夏休み!と行きたいところですが、事はそう簡単には進みません。先週からずっと計算して練習して臨んできてくれたようです。

150分という時間があっという間でした。

酷暑の中部活をしてきて、その上この集中力です。

 

大人も負けていられません。

私ももっと頑張ります。

 

滋賀本部校 宝蔵

 

蓋を開ければ

滋賀本部校|2021年5月31日

今年の梅雨は晴れの期間と雨の期間が交互に来るそうです。

体調管理にはしっかりと留意したいところです。

 

テナントということで、まだまだエアコンのお世話にはなっていませんが、これから本格化する暑さに備えてエアコンの掃除をしてしまいました!

何年も掃除をしていなければエラいことになってしまいますので。

ここでは年に2回、このような機会を設けています。

当然、私1人ではこんなことしません。

優秀なスタッフのおかげです!

ありがとうございます。これで今年の夏は乗り切れます。

 

滋賀本部校 宝蔵

梅雨入り

滋賀本部校|2021年5月16日

今年は早かったです。

早いからと言って明けるのも早いというわけではないそうです。

 

早いと言えば中間テストです。

高校生はいよいよこの週明け、中学生も2週間を切りました。

今回は中学生にとっては1年生でなくても教科書が変わって初めてのテストです。

英語では顕著にその影響を感じます。

今までと同じではおそらく結果は出ないでしょう。

生徒も講師も肝に銘じて臨みたいところです。

 

部活があっても頑張っています。

あともう少し。やり切ってほしいですね。

 

滋賀本部校 宝蔵

これにて完了

滋賀本部校|2021年4月23日

新年度がスタートして1カ月が経ちます。

今年も無事に迎えることができました。

昨年の今頃はコロナの渦中で学校が休みになっていたことを思い出すと、やはり年々時の流れは速まっているのを実感します。

今もまったく予断を許しませんが、とりあえず今月は平常通りの運営ができそうです。

 

駅前の再開発もおそらくこれで完了でしょう。

 

逆光でちょっと微妙ですが新しくマンションが建ちました。

駅舎に始まり、駅ビル、スーパー、憩いの場、そしてマンションと。

10年前では考えられなかった姿に変わっております。

 

そして変わらないものも。

 

滋賀本部校 宝蔵

説明会・体験授業のお申し込み、
資料請求はこちら

toへ戻る