校舎ブログ

継承

滋賀本部校|2013年4月2日

新年度が幕を開けました。
開校時からの講師が抜け、また新たなステージに立つ思いでおります。
春期講習も今日から第2タームに入りました。

この期間に思ったこと。
人って知らない間に育つものだということ。

正直、残った講師の子たちだけでは不安な思いもありました。
しかし第1タームが終わり、それは杞憂だったことが分かりました。
今までは私自身が4回生の子たちを頼り、
なかなかこの子たちに活躍の場を与えてあげることができていませんでした。
ところが彼らがいなくなった今は、どうでしょう。
まるで水を得た魚のごとく、質問対応に、お茶入れに、掃除に、と精力的に動いてくれています。
全く頼もしい限りです。
今年のテーマもみんなで考えてくれました。
今年は「躍進」と。「以前に比べて目立って発展する」という意味が込められているそうです。
ありがとう。滋賀本部校の第2章、みんなで作っていこう。

  

滋賀本部校 宝蔵