校舎ブログ

2013冬。

滋賀本部校|2014年1月1日

今年も、いよいよ残すところ数十分になりました。

そろそろカウントダウンの準備が進んでいるんでしょうか。

第2章の元年と銘打った本年も多くの出来事がありました。

去っていった者たちの偉大さに気付き、また、それを継ぐ者たちが現れる。

個別指導の醍醐味を味わった年でした。

すべてはこちらの接し方次第です。

若い子たちの可能性を大いに感じました。 

 

装いも新たにし、例年のように大晦日も子どもたちの頑張りを目の当たりにし、

残り3カ月をかけぬけていきます。
前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。

思いっきり私事です。

実は。この年の瀬に。(昨日です)

ある試練がありました。

何と。お金を。見つけました。

ウン十万でもありませんが、それでもリアルに大金でした。

ちょうど懐に収めようかどうしようか瀬戸際のところの。

どこかにカメラがあって、人間の本能をくすぐっているのかと

色々と想いを張り巡らせましたが、今自分に必要なのはお金ではない。

ちゃんと届けました。ちゃんと届けました。

あのお金がどうなるのか気になって仕方がないまま

新年を迎えます。何だか。

滋賀本部校 宝蔵