校舎ブログ

血液型

大垣本部校|2014年7月31日

今日は、集中暗記特訓2回目でした。

突然ですが集中暗記特訓のやり方を説明します。

P1010578

 

このチェックシートに、国語は1~13、社会と理科は1~15までの番号があります。

その番号の問題プリントを解きます。

先生に丸付けをしてもらい、9割程、正解すると番号の横にスタンプが押されます。

全てのマスをスタンプで埋めていく。というものです。

ちなみにどの番号からやってもかまいません。

 

僕も採点していたのですが、子どもたちのチェックシートの番号の選び方と血液型の関係性、世間で言われている通りでした。

特にA型(笑)

P1010575 P1010573

左がA型。右がO型です。

やっぱりA型は几帳面。理科社会国語、すべてバランス良く順番にこなしていきます。

そしてO型。おおざっぱ。順番なんて関係ない。自分の出来そうなところから埋めていく!!そんな感じです(笑)

ちなみにB型もどちらかと言えばO型タイプでした。

 

ではAB型は??

みんなに血液型をきいて回ったわけではないので、見つかりませんでした(;´д`)

でも僕の予想では、これです!!

P1010577

これは僕が世間で言われているAB型の気持ちになって作ったものです(笑)

いちおう星の形にしてあります。

AB型は、スタンプを利用して何かを形作る人が多いのではないでしょうか??

 

B、O、AB型はともかく、A型はほとんどの子が几帳面。

番号通りの順番で持ってくる人にはたいてい聞きました。

「A型でしょ??」

やはり、だいたいの子がA型でした。

 

血液型で言われている性格、あながち間違いではないかもしれませんね。

 

大垣本部校 鈴木