校舎ブログ

心地よい空間

島校|2014年8月18日

 

こんにちは!

お盆が明けて、中高生はもうすぐ夏休みが終わる時期となりました。

充実した夏休みを過ごせましたか?

私は、岐阜本部校で行われた、中3の理科社会お盆特訓と、高3のお盆センター特講に行ってきました。

率直な感想を言うと、とても楽しかったです!

受験生ということもあって、勉強熱心な生徒ばかりでした。

普段岐阜本部校に通っていない生徒もたくさんいて、良い経験となったのではないかと思います。

 

 

私は、今回のお盆特訓で初めて岐阜本部校に行きました。

岐阜本部校で1番感じたのは、挨拶がとても大事にされているということです。

生徒が来た時、帰る時、ご飯を食べに出掛ける時、ご飯から帰ってきた時、いつでもあたたかな挨拶がありました。

生徒たちも、その挨拶に対して、ごく普通に挨拶していました。

この当たり前の挨拶のなかに、生徒と先生との信頼関係みたいなものを感じました。

また、挨拶以外にも、掲示物だったり、普段とは違う雰囲気に圧倒されました。

 

 

今回はお盆特訓、お盆特講というタイミングもありますし、岐阜本部校と島校とでは環境も違うかもしれませんが、

島校も、少しでも生徒たちの居心地のよい空間をつくりたいです。

生徒と先生とはかなり仲がいいと自信があります!

それだけではいけない難しい問題もありますが、生徒たちに寄り添って、よい空間をつくっていきたいです。

 

 

長くなりましたが、残りわずかの夏休みを、一緒に充実したものにしていきましょう!

 

島校 廣瀬