校舎ブログ

国語の必要性

岐阜本部校43|2016年3月6日

 

 

CIMG7392CIMG7394

CIMG7388CIMG7386

CIMG7378CIMG7382

 

 

今週は 国語 をテーマに授業前挨拶をしました。

 

谷口先生は、古文の助動詞のミニ授業をしてくれました。

CIMG7399

 

いかがわせむと惑いけり

この文を訳すと・・・

 

CIMG7397

 

2通り訳せますね!

しかし、どちらも、

”けり”

”た” 

と、過去の意味で訳しています。

助動詞は古文においてとても重要だとお話ししてくれました。

助動詞を訳せないと文の意味が分かりません。

 

谷口先生は文法ドリルで必死に暗記してきたそうです。

きっとみんなそうだと思います。

 

・・・・でも、

CIMG7395

 

 

 

代ゼミの漆原先生は、助動詞をピアノの生演奏をしてくださるので

替え歌で覚えられるようになりますよ(^^♪

 

 

英語と数学と同じように、国語も大事にしてほしいです。

 

英語の長文でSVOCを注意して読むと文の構造が分かるということは

学校でもよく聞くと思います。

国語だって同じように文を読むのです!!

読み方 や 解き方 を知っておいた方がちゃんと日本語を理解したうえで

点数をとることができますよね。

 

 

高3になって焦って国語を始める姿をたくさん見てきました。

もっと早くやっておけば・・・と思いたくないですよね?

理系の子だって他人事ではありません。

国語を武器にすることができたら、進路の幅だって広がります。

 

ほかの科目と同じように、コツを知ってから頑張って読んでみると

「読めた!解けた!」と思える時が来るはずです。

 

今高1,2年生の子はチャンスです!!

受験生だと思ったその日から受験生だと思って、参加してみませんか?

 

 

岐阜本部校 日比野