校舎ブログ

さるのひとりごと

静里校|2017年1月18日

みなさん,こんばんは◎

センター試験も終わり,公立高校入試まであと50日となりました。

そんな今日のブログは1冊の本の紹介です。

 

松谷みよ子さんの「さるのひとりごと」という絵本です。

image1

 

恥ずかしながら,2015年に亡くなってから私は彼女の存在を知りました。

実際には名前は知らなくても,

「いないいないばあ」や「ちいさいももちゃん」は有名なので

読んだことのある人もいるかもしれません。

 

 

亡くなったときに松谷さんに関する記事が新聞に載りました。

そのときに,紹介されていたのが「さるのひとりごと」です。

このお話は,一匹のサルが群れを離れて海を見に行くところから始まります。

浜辺で「海はええなあ」とさるが独り言を言ったら、「う ん」と相づちを打つやつがいる。

見れば小さなカニがいる。「なぜ勝手に返事した?」イライラしたサルは、 びしゃんとカニをつぶしてしまう。

ところがカニの声が聞こえなくなるとサルは途端に寂しくなり、

つぶれた カニを丸めて団子をつくり、座らせる。

「海はええなあ」サルが言うと,カニ団子は「うん」と言う。

サルはその声がうれしくて、 何度もそのやりとりを繰り返す…

 

中高生のとき,お母さんにイライラして「うるせえ」と言ってしまった経験はありませんか。

私はあります。笑

うるさいのに,でも言われなくなると寂しくなりますよね。

なくなって気付く大切なもの。こんなにも人に支えられていたということ。

受験という多くの人に支えられている今だからこそ,

勉強の息抜きに読んでもらいたい1冊の絵本です。

 

カニ団子はいつまで経ってもカニには戻りません。

支えてくれる周りの人に感謝をしながら1日1日を大切に過ごしていきたいですね。

 

静里 渡辺