校舎ブログ

岐阜本部校43|2018年3月11日

 

今日、谷口先生が授業前あいさつで

“春” をテーマにお話してくれました。

 

 

外は暖かくなってきているのに

寂しさがあったり

新学期への期待とも混ざって・・・

何とも言えないですよね。

 

 

 

 

高校受験が終わった日、校舎に来てくれる子が多く、

みんなの顔を見ることができて、とても安心しました。

 

 

 

通常授業もあと約1週間。

授業前挨拶は4年生の先生たちがしてくれています。

最後にみんなに伝えたいことがぎゅっとつまっている数分間です。

 

 

 

 

 

通常授業としては、堀井先生、安田先生が最後を迎えました。

 

 

安田先生は、出逢いを大切にする先生で、太陽みたいです。

明るい声が特徴で、気づいたら元気になっちゃってます★

非常勤、生徒からも”学ぶ”という姿勢、4年間変わりませんでした。

新しい視点を知った時、新しい表現を知った時、

「わぁ!おもしろい(*^▽^*)!」と自分が楽しんでいたのが印象的です。

得たことを”あかりんらしさ”に変えて、日に日にキラキラ度が増していきましたね!

しっかりと勉強してきた中高生時代があったから、高3の対応も完璧でした。

悩むのではなく、ちゃんと考え、ちゃんと向き合う先生でした。

冷静に周りを見ていて、困った時を察知してすっと動いてくれるので、何度も助けてもらいました。

子どもたちを虜にしちゃう優しい口調と朗らかさで、みんなの肩の力を抜いてくれた存在です。

いっつも生徒と笑いあってたね。

とーーーってもファンが多い安田先生、4年間楽しんでくれてありがとう。

私もファンの1人です(笑)

 

 

 

堀井先生は、正統派。

もともと備わっていた真面目さ、律義なところに磨きがかかった3年目、快進撃がすごかった…。

指名率ナンバーワン。

電話で、「堀井先生が良い!」というお声を何度聞いたか・・・!

そんなお声を頂けたのも、

HOMESで生徒時代お世話になった感謝の気持ちが根本にあったから。

理屈をしっかりと説明し、納得するまで隣に居てくれる、まさに正統派。

生徒の「なんで?」に対して誠実に、丁寧に答えていました。

律儀ということは人の気持ちを受け止める優しさがあって、

感謝したり反省できるということだな、と堀井先生を見ていて思います。

受け答えも丁寧さが増し、居心地が良く、

「なんだかずっと話していたくなるなぁ」と思う人柄でした。

君の成長ぶりには驚きです(*^-^*)

4年間、誠実に子どもたちと向き合ってくれてありがとう。

 

 

 

 

岐阜本部校 日比野